読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

文学校 精神科医の質問による文章読本

文学校 精神科医の質問による文章読本

文学校 精神科医の質問による文章読本

作家
赤瀬川原平
大平健
出版社
岩波書店
発売日
2004-05-21
ISBN
9784000246248
amazonで購入する

文学校 精神科医の質問による文章読本 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

xtc1961ymo

偶然ブックオフで100円で拾いました。赤瀬川さん岩波からこんなの出してたのね。対談による文章読本であの不思議な文体がどのように生まれるかを精神科医の大平さんが尋問して行きます。テキストは「老いてはカメラにしたがえ」「千利休」「ゼロ発信」「日本美術観察隊」の4冊。面白過ぎる永久保存物。

2014/11/28

nranjen

文章読本を何か借りようとしていたところでヒットした本。赤瀬川源平面白い。他の名前で文学賞をとっていたことを初めて知る。

2018/12/02

SUSU

タイトルに期待して読んでみたけど、精神科医大平健の文はつまらなかった。 赤瀬川源平の「相談をすると、どんどん平均化してつまらなくなる、自分一人の頭で考えるのは、平均値を逃れる為の制約」は至言。

2014/04/23

感想・レビューをもっと見る