読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

雨柳堂夢咄 其ノ十八 (Nemuki+コミックス)

雨柳堂夢咄 其ノ十八 (Nemuki+コミックス)

雨柳堂夢咄 其ノ十八 (Nemuki+コミックス)

作家
波津彬子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2021-02-22
ISBN
9784022143167
amazonで購入する Kindle版を購入する

雨柳堂夢咄 其ノ十八 (Nemuki+コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hirune

直近の作品に10年くらい前の3作品を混ぜたそうですが、文字通り十年一日の如く蓮さんは麗しいです〜😃最近は他のシリーズもあり 雨柳堂は休業状態だそうですけど、この麗しくも不思議な世界をもっと味わいたいので次を根気よく待ちたいと思います☆

2021/02/25

ネムコ

今回も楽しく読了。サザエさんだっていいじゃない。終わりなんて言わず、これからも忘れた頃に本屋さんで出会うシリーズでいてください。

2021/03/07

ぐうぐう

『ブラック・ジャック』には多くの単行本未収録作品があった。手塚治虫自身が気に入らなかったり、倫理的な問題など、未収録の理由は様々だが、長く続く読み切り連載には零れ落ちる作品が少なくない(とはいえ、手塚に限らず、人気作家だった者の死後、その手の未収録先品は大抵、刊行される運命にある)。『雨柳堂夢咄』最新刊には、10年ほど前に発表され、未収録となっていた作品3本がめでたく入っている。今年で連載開始30年というから、著者は当然ながら、読者も長い付き合いだ。(つづく)

2021/02/23

あたびー

しばらくぶりの新刊です。後書きに波津先生はもうこのシリーズに終止符を打とうとされていたと言うのを出版社から勧められて休業ということにしたというのを読んで、ホッとしたのです。いついつまでも待ちますので、また単行本になると嬉しいです。今回は今までの単行本に漏れていた3作品も入っています。いつものように、心の中がきれいな涙で洗われるような、そんな作品ばかりです。

2021/02/22

しましまこ

今回も美しい物語にタヌキにキツネ、すてもののけ。元は何なの?好きだー!

2021/02/27

感想・レビューをもっと見る