読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

f植物園の巣穴

f植物園の巣穴

f植物園の巣穴

作家
梨木香歩
出版社
朝日新聞出版
発売日
2009-05-07
ISBN
9784022505880
amazonで購入する

f植物園の巣穴 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

噛みしめるような、味わい深い小説世界。読み終わった後も、しみじみといい小説だったという感慨に浸ることになる。この迷宮世界は、けっして直線や、幾何学的な立体を構成することはなく、まるで螺旋構造のようだ。しかも、それは末端と基点とが連続しているのである。まるでエッシャーの騙し絵の世界に迷い込んだかのように。ただ、結末はやや残念だ。

2012/03/11

風眠

梨木版『アリス・イン・ワンダーランド』という雰囲気だった。f植物園の椋の木のうろに落ちてから不思議な世界に迷い込んだ主人公の男。その不思議な世界は、心に蓋をして忘れようとしていた男の深層意識の世界だった、ということがラストの数十ページで明らかになる。もうほとんど慟哭と言っていい程の哀しみを、このような形で書いたというアイデアが本当に素晴らしい。植物、動物、前世、死、愛、etc、命のきらめきがそこここに織り込まれている。己の哀しみを知り、魂が浄化されていく感じは、異界譚というムードに合っていたと思う。

2012/06/13

ケイ

ああ、これも奇譚なのだ。植物の世界と人間の境界が入り交じり、動物も姿をかえて入り込んでくる。その不思議さに取り囲まれた男は、どこか窒息しそうに見えた。緑の湿度の高さ、川の水の流れ方。歯の痛みは、形となれなかった魂からの呼び声。男の意識を取り戻させ、成仏しようとする。窒息させるかのように押し寄せていた、視界をも奪うような木々の葉たちが、道を開け、光の差し込むのを許したような気がした。男がホッと肩の力を抜いて一息つくのがみえる。それでよくはなかったか。最後の会話がなくてよかったようにも思える。

2019/07/31

なゆ

読み始めていきなり、ヘンな夢に迷い込んだかのような心許なさ。うなされながら見る夢のような、支離滅裂でとりとめなく彷徨う迷路。怪しげな歯科医院、時々犬に化ける歯科医の「家内」、雌鶏頭の大家、ナマズ神主にカエル小僧、そして〝げえろっぱ〟。一体どこへ辿りつくのだろうと、必死について行くと…思いがけない涙に誘われてしまう。ラスト20ページで、一気に頭の中の霧が晴れ、暖かな読後感で一杯に。ああ、そういうことだったのか、と。ちょっと古めかしい雰囲気もありながら、じわじわ惹かれる文体。梨木さんを、さらに遡って読もう。

2012/08/24

kariya

穴に転がり落ちたら別世界、というのが異国のお伽噺だけれども、こちらは落ちる前から異界が漂う。植物園に勤める主人公の前に現れるのは、千代という同じ名の何人もの女、前世が犬で稀に今生でも変化する歯科医の奥方、名のないカエルに似た子供。相変らず巧みな文章を追う内に、散らばる断片は一つの流れを形作り、不思議で暖かな水辺へ打ち寄せて、読み終えてもしばらく心が離れない。思えば水は生と死、双方に程近い。ほの暗い洞を潜り、異界をさ迷い、少しく痛みを伴って生まれ直す。夫も妻も、父も子も。

2009/10/31

感想・レビューをもっと見る