読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

サッカーと11の寓話

サッカーと11の寓話

サッカーと11の寓話

作家
カミロ・ホセ セラ
Camilo Jos´e Cela
野谷文昭
星野智幸
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022570529
amazonで購入する

サッカーと11の寓話 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

→0!P!

詩を読んでいるような感じ

2017/01/08

あかふく

小説家として知る星野智幸さんが訳者として名を並べているので読んでみました。しかし、訳者あとがきで野谷文昭さんがそのことに触れないので、はて、と思いましたが、よくよくたしかめるとこの翻訳は1997年に出たものなので、星野智幸さんの肩書は「翻訳家」なんですね。内容はサッカーのモチーフが出てきていながら、どうも違う所へ飛んでいるような寓話。11がサッカーにちなんでいることを考えると、サッカーという「フィールド」を強く意識する(シュヴァンクマイエルのような意識?)ところから逸脱していくような想像力も考えられるか。

2012/09/18

taskun

作者はノーベル文学賞受賞者なのだが、日本人の多くが大江健三郎の話を理解できないように、たぶんスペインの人もこのカミロ・ホセ・セラの話は意味分かんないんじゃないだろうか。

2005/07/08

感想・レビューをもっと見る