読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

月 9 (げつく)

月 9 (げつく)

月 9 (げつく)

作家
中村うさぎ
出版社
朝日新聞社
発売日
2004-03-19
ISBN
9784022579058
amazonで購入する

月 9 (げつく) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

myunclek

うさぎちゃんにまたやられちゃった。ブランド物に囲まれて下着姿のうさぎちゃんの写真が表紙だから、ハチャメチャオモロ噺が読めると思っだけど。業界内の女のドロドロな闘い。生々しくって、恐ろしいくらい。軽い女ってイメージでしたが、失礼しました。中村うさぎ、頭良いんだろな。不思議な文章の魅力に惹かれます。

2016/10/31

あっ!chan

実は三浦しをんとのエッセイを図書館に借りに行ったのだが、貸出中でまたしても表紙の絵につられて借りてしまった。前回は自虐的なエッセイだったか、これはなかなか面白かった♪三人の魔女(実は四人なのだが)の妬み、自慢、虐め、プライド、友情等々女性でしか書けない女の気持ちや怖さ(…すみません)がリアルに表現されている。先のエッセイでは想像出来ない力のある人だったんだ!因みに出てきた女性達はみんな苦手なタイプだけど。

2014/02/08

いっちん

『月9』というタイトルから恋愛モノかなと勝手に勘違いしていたら…怖いのなんの。ただ章が変わる度に視点が変わるし最初に何かを語っているのが誰かよくわからないし…女の嫉妬は怖いとわかったけど話の展開というか文章自体はあまりよくわからなかった。

2015/07/26

そのぼん

女同士の付き合いってややこしい…。ドロドロテイストのサスペンスでした。

2012/03/16

Viola

女性のドロドロした人間関係。サイコ・ミステリーの要素もあり、恋愛、虚栄、ライバル、など女性の底意地の悪さをあばいた物語。月9の脚本を巡ってという設定と、前回読んだ「イノセント」が意外に良かったので期待したが、少々期待はずれ。

2014/08/24

感想・レビューをもっと見る