読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

援交から天皇へ―COMMENTARIES:1995‐2002 (朝日文庫)

援交から天皇へ―COMMENTARIES:1995‐2002 (朝日文庫)

援交から天皇へ―COMMENTARIES:1995‐2002 (朝日文庫)

作家
宮台真司
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022613929
amazonで購入する

援交から天皇へ―COMMENTARIES:1995‐2002 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

keepfine

宮台読者として目新しかったのは「性についての語りは、語っている人間の性的な実存が刻印されている」という指摘。 人権派が「ブルジョワ主義的・性の商品化に反対!」を叫んでも、性の問題になると突然、道徳主義者になってしまう…という問題は珍しくない。 逆に、フーコーがホモセクシュアルであるという自らの実存と、自らの性に関する研究の結びつきを提示したように、性に関する言説というのは、どんなに普遍的な装いを持っていても個人性を免れ得ないので、むしろそのことを語ることからコミュニケーションが始まる。

2016/01/06

ken

面白いっす

2011/08/05

つかさちゃん

唯一、宮台の解説を肯定してない奴がいる。それは野獣系の男だ! これはおもろいのではないか。

2010/12/29

20021130

やいとや

様々な本に宮台が付けた解説をザックリしたテーマで纏めて一冊に、という一見ウェルメイドな作りだが、それぞれの本の著者に拠る「返歌」とも言うべき文章が併録されている構成が面白い。個人的ベストは氷室冴子。「代理戦争」というワードのチョイスのセンスは流石。これより宮台はタイトルにある通り「天皇」を触媒とした代理戦争に乗り出していく事になるのを、皮肉と見るか慧眼と見るか。江川のような自分褒めが過ぎる輩や見沢のようなアッパーに筆が滑り過ぎる手合いは相変わらずダメだが、まぁこんなもんだろう。

2019/04/21

感想・レビューをもっと見る