読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

雨柳堂夢咄 其ノ2 (ソノラマコミック文庫 は 28-2)

雨柳堂夢咄 其ノ2 (ソノラマコミック文庫 は 28-2)

雨柳堂夢咄 其ノ2 (ソノラマコミック文庫 は 28-2)

作家
波津彬子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2007-10-01
ISBN
9784022671318
amazonで購入する

雨柳堂夢咄 其ノ2 (ソノラマコミック文庫 は 28-2) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆみきーにゃ

《頂き本》シリーズ二作目。最後の狸の話に感動。篁さんと蓮さんが今後どう関わっていくのか気になる。

2020/03/18

はつばあば

あえてひらがなで「ゆめまぼろし(夢幻)」の世界を堪能するのはいつ以来だろう。学生時代に鏡花の幽元の世界の読みにくさに閉口したが、私よりうんとお若い波津さんの作品では、とても心に響きうっとりとしてしまう。蓮さんが気にかかる。アヤカシではあるまいな

2015/07/27

せ〜ちゃん

★★★★★「昼下がりの訪い / 雛の宵 / 猫王 / 白露の壷 / 京助氏の災難 / 月の花影 / 過去の破片 / 蔵の中の姫君 / 瑠璃の鱗 / おもかげ行灯」

2016/03/05

九月猫

10話収録。「京介氏の災難」、タイトル通りすぎて笑ってしまう。うん、京介さんってこういう人だよね。そして「白露の壺」にて青さんも登場。「瑠璃の鱗」が哀しくも美しい。清姫にも蛇にもなれなかった紫紅も、せめて絵の中だけででもと願ったご主人の想いも、哀しい愛だなぁ。「猫王」はどこかの昔話のよう。猫の王の凛々しさが、最後の和尚さんのお顔で吹き飛ばされる(笑)猫の王もいいけれど、この巻はなんといっても「おもかげ行灯」の子狸!かわいすぎ♪

2014/03/09

芙蓉

どの話も綺麗で美しく幻想的で大好きなのだが付喪神たちがわちゃわちゃ活躍する「京助氏の災難」がコミカルで面白い

2020/10/10

感想・レビューをもっと見る