読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

池田大作研究 世界宗教への道を追う

池田大作研究 世界宗教への道を追う

池田大作研究 世界宗教への道を追う

作家
佐藤優
出版社
朝日新聞出版
発売日
2020-10-30
ISBN
9784023318854
amazonで購入する Kindle版を購入する

池田大作研究 世界宗教への道を追う / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

創価学会の内在的論理を掴むことを目的とした本書は、『池田大作全集』や『人間革命』といった池田大作の著作を基本ソースとして論を展開している。「内在的」であるがゆえに、外部文書を引き合いに出し、池田の著作(及び、創価学会の公式文書)の信憑性を検証することをすでに放棄している(というか、その必要性がないものとしている)。しかし佐藤優は、本書が学会の広報本に堕ちないように、自らが学会員ではないこと、日本基督教団に属するキリスト教徒であることを先に開示し、さらには連載が朝日新聞社の「AERA」だったとし、(つづく)

2021/02/03

わたなべよしお

現代日本において、創価学会は無視できない存在になっているが、新興の宗教団体として、なんとなく偏見を持って見てしまう。もっと虚心坦懐に見るべきではないか。とするなら、この本は一つの解決策となりそうだ。池田大作氏の思想の一端を知ることができるからだ。ただ、ほぼ礼賛に満ちているので、僅かな疑念も生じるけれど。それでも、学会本の中では、出来の良い方だろう、と思う。

2020/11/12

wiki

「信仰を持つキリスト教徒である筆者は、日本で生まれ、急速に発展し、世界宗教としての基盤を構築した創価学会の内在的論理を知り、読者に紹介したいと考えている。そのためには、創価学会員が持つ価値観、すなわち何に喜び、何に怒り、何に悲しみ、何を望み、どう生きていこうとするかを等身大で掴みたいと思っている。その際に重要なのは、対象である創価学会に対する敬意だ」筆者曰。学会に対して正しく理解されていると思う。ここまで理解頂いておれば、他宗教の信仰者であるものの、学会員とともに喜び、悲しみ、怒ってくれるだろうと思う。

2020/11/13

ヤドンの井戸

殆どの引用が池田大作氏の著作や創価学会・公明党側のオフィシャルな刊行物である。見る人から見れば、全体的に些か偏りのある視点だが、本書の目的は、序章で言及されている通り、創価学会の内在的論理を探求することである。読む際はその前提を承知する必要があろう。また、非会員の著者による作品でありながら、宗門問題の真実を描くにあたってここまで宗門の実態を明らかにしたのは画期的である。敢えて注文を入れるならば、学会・公明党の公開情報分析に留まらす、もう少し学会員へのインタビューがあっても良いかと思う。

2021/03/23

Happy Like a Honeybee

佐藤優氏の書物は全てに目を通さないと気が済まないので、手に取る次第。 内閣調査室幹部を務めた志垣民郎氏の藤原工作が興味深い。 世論は敵味方に関係なく、何者かにより扇動されている。 眼光紙背に徹すと言うが、為政者の情報を鵜呑みにしないためにも日々の読書が重要だ。

2021/02/07

感想・レビューをもっと見る