読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

こんとん

こんとん

こんとん

作家
夢枕獏
松本大洋
出版社
偕成社
発売日
2019-01-25
ISBN
9784033328904
amazonで購入する

ジャンル

こんとん / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

夢枕 獏は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。著者の絵本を読むのは初めてです。中国の故事「こんとん」という妖怪の話、完全大人向け絵本です。単なる毛むくじゃらのような気がしますが、「荘子」に登場する「渾沌」の語源とのことです。

2019/02/11

混沌

俺について書かれていた(笑)。まさに『荘子』の渾沌の寓話をもとに作られた絵本。その寓話、日本語全訳、以下に置いてあります。混沌について - 混沌の間 http://konton.cside.com/index.php?go=zn9Wfh

2019/03/17

アキ

中国の故事「こんとん」という妖怪の話。こん とん という名前もない目もない鼻もない口もない犬のようなすがたで長い毛がはえているいきもの。いつも空をみあげてわらっている。南の海と北の海の帝が2つの目2つの耳2つの鼻1つの口、7つのあなをつくってやったんだって。そしたらおおきなからだをふるわせてゆっくりとじめんにたおれてしまったっていうんだな。そのまま2どとおきあがらなかったっていうんだな。こんとんこんとんきみのことがすきだよ、で終える。夢枕莫と松本大洋との大人向け絵本。「荘子」に登場する。渾沌の語源らしい。

2019/02/02

ぐうぐう

中国神話「混沌」をモチーフに、夢枕獏と松本大洋のコラボで描く絵本『こんとん』。夢枕獏の、優しく、惚けた語り口が癖になる。目も鼻も口もなく、人によって形が違って見える「こんとん」を絵にするという難技を、松本大洋は軽やかに表現してみせる。終盤の展開はある意味教訓的で、だからこそ深い主題を感じさせるものの、そのあとの夢枕獏の解釈が、どこかキュートで、読者は救われた気分にさせられる。

2019/01/26

mntmt

会ってみたかったなぁ。

2019/02/07

感想・レビューをもっと見る