読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

風と行く者 (偕成社ワンダーランド)

風と行く者 (偕成社ワンダーランド)

風と行く者 (偕成社ワンダーランド)

作家
上橋菜穂子
佐竹美保
出版社
偕成社
発売日
2018-11-19
ISBN
9784035405504
amazonで購入する

風と行く者 (偕成社ワンダーランド) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

上橋 菜穂子は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。「守り人」シリーズも読み続けています。久々の「守り人」シリーズの新作、ドラマ『精霊の守り人』のテーマ曲をBGMに、【バルサ≒綾瀬はるか】のイメージで読みました。ジグロとジグロの忘れ形見が、登場すると思いませんでした。サダン・タラムの恋唄を聴いてみたいなあ♪ https://www.kaiseisha.co.jp/special/moribito/

2018/12/29

山本真一郎

読了。年末年始休暇明けに読み終える事が出来た1冊。まだ極僅かながらドラマの余韻が残っているシリーズの新作を読む事が出来たのは望外の幸せ。読み応えや読み易さ等、何処を切り取っても申し分無かったし、バルサ、タンダ、ジグロの姿を読めたのはとても嬉しかった。サダン・タラムという新しい存在も登場するものの、やはり本編を読んだからこそ楽しめる描写も随所にあったと思う。過去の回想が長かった事もあってジグロの存在感が際立っていたのも特徴的だったかな、と。著者の後書きを読む限りではもう少し新作を期待出来そうな感じだがさて。

2019/01/09

ゆみねこ

草市でサダン・タラム(風の楽人)の危機を救い、旅の護衛を頼まれたバルサ。それは、養父ジグロとの旅を振り返りながらのものとなった。ロタ王国北部の歴史の闇と関わる、壮大なファンタジー。また、バルサたちに会えて嬉しかった!「守り人」を愛する皆さん、お薦めですよ~♪

2018/12/23

chimako

16歳のまだ子どものバルサとともに行くジグロの想いを強く深く感じた一冊。護衛士としてサダン・タラムを守る二人の活躍。そこで成長するバルサはサダン・タラムの頭と想い合うジグロに一抹の寂しさを感じる。そして20年後、また縁有ってサダン・タラムの新しい頭を守ることになったバルサとそこに隠された秘密。護衛士として生きるということの意味。今はもういなくなってしまったジグロへの尽きぬ愛情と感謝。人の心は危うく簡単に翻弄され蹂躙される。真実は都合よく書き換えられ上書きされて人の心に残るがそれもまた真実。面白かった。

2019/02/13

nyaoko@瀬戸内海へようこそ

守り人シリーズは完結したけれども、外伝として新たに出ました。嬉しい!!!でも、本当に本当に最後かもしれないと思うと胸が…。その昔、風の楽人〈サダン・タラム〉の護衛を受ける事になったジグロとバルサ。そして、ジグロ亡き今、バルサは再びサダン・タラムと共に旅をする事となる。バルサとジグロ、サリとエオナ、2つの親子と、2つの氏族の争いと秘めたる過去。共通するのは互いを思う強い絆。いつも思うのは「これは大人が読むべき本でしょう」ああ、でもまだまだ本の中でバルサと旅をしたいなぁ。

2018/12/21

感想・レビューをもっと見る