読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

人生を歩け! (角川文庫)

人生を歩け! (角川文庫)

人生を歩け! (角川文庫)

作家
町田康
いしいしんじ
出版社
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日
2012-10-25
ISBN
9784041002407
amazonで購入する

人生を歩け! (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

美登利

町田さん、いしいさんの小説すら読んだことないのに初読みが対談本になってしまいましたが、お二人の個性がよく感じられて結果的には良かったかもと思いました。しかも、路上対談って形式がすごいですね。歩きながら話してるのでドンドン話題が変化していく。知らない土地の話でもあるし、最初はとっつきにくく感じましたが、大阪人特有のキャラがにじみ出て面白かったです。生まれた年代が近いのもあり、懐かしいと言う感じがしました。三崎でのバーのマスターの話が良かったですね。マグロ食べに行ったことあるので(笑)

2014/03/06

chanvesa

お二人のゆるいトークの中に、ポレミックな論点がいくつも出てくる。優越感における想像力の役割、おやじギャグにおける孤独性、行楽の無理やり感、外食のエンタメ性。だけど、最後の283頁以降の二人の対話はすごい。「人間というのは宇宙全体の一つの実験のように思えてくる(町田さん)」、「自分の言葉が誰かに伝わったのかもわからない。…人間って、信じることの細かい積み重ねでできているんじゃないですかね。(いしいさん)」。謙虚さと、鋭い人間観察の見事さ。

2015/01/24

おにぎりの具が鮑でゴメンナサイ

若かりし頃(といっても3年前だからすでに充分すぎるほどおっさんであった)書いたレビューの内容が陳腐すぎて顔面からメタンハイドレードが噴出するほど恥ずかしいので書き直す。いしいしんじの頭の中を覗いてみたくて手に取ったが、一緒に写っている町田康(まだ神ではなかった)が奇妙な生き物すぎて、とんでもなかった。二人揃った写真はどの場所であっても精神科の待合室にしか見えない。さりげないスナップという趣旨だろうに、町田康はいついかなるときもカメラ目線で「くわっ!」と睨んでいる。会話はわりと普通。二人の歩んだ人生の話。

2014/04/11

あもすけ

24歳から36歳くらいまでを「自分の人生観がかたまってくる時期」と言っているのを読んで、20代が終わろうとしている自分が感じていた焦りのようなものが少し軽くなった気がした。10年単位で区切ってもあんま意味ないな、みたいな。自分の言葉が誰にも通じてなくて通じてないことがわかってなかった、という話にも思うところが色々。『告白』の熊太郎のこととか。終わりのほうで語られる創作についての話も興味深かった。

2013/06/17

CEJZ_

1P18行。べつに町田康の熱心なファンでもないんだけど、キャラとしては面白いなあと感じ興味がわく。で、たまにちょっとチェックしたり、著作を読む。いしいしんじの作品は読んだことはない。大阪出身のほぼ同年代の二人、昔住んでいたところを訪ね歩きつつ会話し、対談という体裁。一冊丸ごと会話なんで、深く考えるものでもなく暇つぶしにいいかなあと購入。最初はあまりおもろないなあと思ったけど、だんだんハマりつつ読めた。後半の三崎編が特に。延々ただの世間バナシみたいな感じ、やりとりが続くが、その中にわびさびがあり。

2014/01/01

感想・レビューをもっと見る