読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

バロルの晩餐会 ハロウィンと五つの謎々

バロルの晩餐会 ハロウィンと五つの謎々

バロルの晩餐会 ハロウィンと五つの謎々

作家
天野喜孝
夢枕獏
叶松谷
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-10-01
ISBN
9784041063569
amazonで購入する Kindle版を購入する

バロルの晩餐会 ハロウィンと五つの謎々 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

夢枕 獏は、新作中心に読んでいる作家です。ハロウィンの時期に相応しいハロウィン・ファンタジー、素敵な装幀の絵本です。天野 喜孝の挿し絵も良い雰囲気でした。来週、京都タカシマヤで高島屋美術部創設110年記念 -天野 喜孝・叶 松谷・夢枕 獏展-バロルの晩餐会 ハロウィンと五つの謎々のイベントがあるようなので、興味のある方はご覧下さい。 https://www.takashimaya.co.jp/sp/kyoto/event/syousai.html?id=13086

2018/10/20

KAZOO

夢枕さんと幻想的な絵で有名な天野喜孝さんの単色の鉛筆画によるハロウィンの物語です。ハロウィンとはいうもののどちらかというとトールキンの描く世界のような感じです(たまたま前日にトールキンの伝記映画を見たので)。夢枕さんもこのような物語を書くのだなあという気がしました(陰陽師とその他若干のものしか読んでいませんが)。天野さんの絵も従来のものとはかなり異なっています。

2019/09/05

藤月はな(灯れ松明の火)

ハロウィーンにピッタリな御伽噺。FGOや『アメリカン・ゴッズ』を彷彿とさせるが如く、ゴルゴーン三姉妹をモチーフにしたマクベスの三魔女達やムギンとフニン、ガネーシャなど、古今東西の神話の神々やその眷属が登場してきます。それにしても人間は禁制の世界を巡り、解かなければ、命すら危うい謎々に難なく、答えるタックとチーマが凄い。そしてあんなに厳粛で恐ろしいのに娘、エスリンを溺愛するバロルはどこか、愛らしくも見えますね。それにしても天野喜孝氏が描くスフィンクスが何とも妖艶。

2018/10/30

keroppi

もうハロウィンは終わってしまったのだけど、京都高島屋で観た「バロルの晩餐会」の展示を思い出しながら読みました。物語と陶器と絵の融合、それに謎々があって楽しい展示でした。やはり、先にこれを読んでおけばよかった。やはり、ハロウィンの前に読んでおけばよかった。

2018/11/07

里愛乍

数年ぶりに読む夢枕獏さん。天野喜孝さんとのコラボ絵本という、なんとも豪華で贅沢な一冊。リズミカルな文と妖艶なタッチの絵、持ってるだけでときめいてしまう素敵な表紙、まさに今日この日のための本といえるでしょう。主人公ふたりの名前タックとチーマは企画展覧会を開催したタカシマヤからきてるとか。言葉と絵の二次元の世界が叶さんの陶芸により三次元へと御三方の遊び心が展覧会とともに存分に楽しめた絵本でした。

2018/10/31

感想・レビューをもっと見る