読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

昨日の僕が僕を殺す リュウグウノハナヨメ (角川文庫)

昨日の僕が僕を殺す リュウグウノハナヨメ (角川文庫)

昨日の僕が僕を殺す リュウグウノハナヨメ (角川文庫)

作家
太田紫織
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-12-22
ISBN
9784041071199
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

北海道、小樽。
男子高校生のルカは、人間に紛れて暮らすあやかし達のパン屋さんに居候中。
自身でも霊やあやかしが視えるようになり、おっかなびっくりの毎日だ。
ある日、守り役で狗神憑きの青年・榊の姉が働く水族館へ遊びに行ったルカは、
彼女を粘着質に見つめる不穏な女に気付き……。
ほか、泣けてしょうがない、あるおばあちゃんとの物語や、
都市伝説「テケテケ」にまつわるお話も収録。
満腹間違いなしのホラーミステリ第2弾!

「昨日の僕が僕を殺す リュウグウノハナヨメ (角川文庫)」のおすすめレビュー

家族間殺人事件の当事者――心に傷を抱えた少年と“あやかし”の成長物語 『昨日の僕が僕を殺す』

※「ライトに文芸はじめませんか? 2019年 レビューキャンペーン」対象作品

『昨日の僕が僕を殺す リュウグウノハナヨメ』(太田紫織/KADOKAWA)

 骨を愛するお嬢さまと、平凡な男子高校生が数々の謎を解く大ヒットシリーズ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』が人気の太田紫織さん。かねて臨みたかったという“あやかし”をテーマにしたホラーミステリ『昨日の僕が僕を殺す』が話題を呼んでいる。

 主人公は、家族間の殺人事件に巻き込まれた過去を持つ少年ルカ。亡き叔母の愛したベーカリー『フレープ・ソーリ』に居候をすることになるが、店長の渚はじめ店内の面々は、人間社会に溶け込んで暮らす“あやかし”たちだった。怪異を引き寄せやすい体質をもつルカは、幽霊や妖怪、さらに犯罪事件ともたびたび遭遇する破目に――。最新の第2巻には、怖くて切ない3篇の物語が収録されている。

 ルカと仲良しの狗神の青年・榊が、かつての飼い主である老婆と再会。彼女の大切な忘れ物を見つけ出そうと奔走する第一話「ワスレモノ」。

 続く第二話にして表題作「リュウグウノハナヨメ」には、榊の姉の“ちはや”…

2019/2/5

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

昨日の僕が僕を殺す リュウグウノハナヨメ (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

enana

シリーズ2作目。寂しい時は小樽においで。「あやかし」だけど「家族」です。

2019/01/13

よっち

今回はルカが振り込め詐欺を阻止したおばあちゃんの心残り、榊の姉が働く水族館へ遊びに行った先で彼女を粘着質に見つめる不穏な女、都市伝説「テケテケ」に怯える同級生といった事件を仲間たちと解決してゆく第二弾で、突き放せず少しずつ受け入れつつある冥婚相手の千代子さんとの距離感が興味深いですが、一緒に事件を解決したあやかしの仲間たちとは何だかんだでいい関係を構築しつつありますね。事件の結末はどこか切なかったりもしますけど、状況を前向きに受け入れつつあるルカが今後どんな事件に巻き込まれるのか、続巻に期待ということで。

2019/02/05

ネムコ

琉架くんの受難は一段落。琉架が他の人のために事件に関わってゆくフェーズに移行し、前より面白くなってきた。相変わらず後ろ向きなところもあるけれど、琉架がいつか、生きていて良かったと思えるようになるといいな。

2018/12/29

まるぼろ

さて今巻に収録されているお話は三編、ある振込詐欺に引っ掛かりそうになっていたお婆さんの話と、榊の姉が働く水族館での出来事、それにケテケテに纏わるあるお話について、です。前巻に比べてまだルカが内面や変化について不安定な所が有るものの、そう言ったものを受け入れていこうとする所が見られるので、ずっと安心して読む事が出来ました。そんな中でも千代子の言った、いつもまっ先に境界線を超えるのは人間の方と言う台詞がとても印象的に残りました。ルカも周りとだいぶ打ち解けてきて、次巻はどんな話になるのか楽しみです。

2019/01/20

うまる

太田紫織さんのあやかし物シリーズ2冊目。順調にシリーズ化したんでしょうか。1冊目の時は太田さんがあやかし物なんて…と思いましたが、今回は人間関係も深くなり色々と展開が早くて面白くなってきました。知っている場所が出てくるのも嬉しいです。おたる水族館が舞台になっていて、久しぶりに行きたいなぁと思いました。桜子さんとはまた違った魅力があるので次作が出たら読みたいです。

2019/01/08

感想・レビューをもっと見る