読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

メゾン・ド・ポリス3 退職刑事とテロリスト (角川文庫)

メゾン・ド・ポリス3 退職刑事とテロリスト (角川文庫)

メゾン・ド・ポリス3 退職刑事とテロリスト (角川文庫)

作家
加藤実秋
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-02-23
ISBN
9784041074282
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

偽爆弾が設置される事件が頻発。単なるいたずらなのか? 新人刑事の牧野ひよりは、退職刑事専用のシェアハウス<メゾン・ド・ポリス>に住む、凄腕だけど曲者ぞろいのおじさんたちと捜査に乗り出すが……。

ジャンル

「メゾン・ド・ポリス3 退職刑事とテロリスト (角川文庫)」のおすすめレビュー

『メゾン・ド・ポリス』ラスボスが強すぎる! 完全崩壊したチームに心配の声…【第9話(ネタバレあり)】

『メゾン・ド・ポリス3 退職刑事とテロリスト』(加藤実秋/KADOKAWA)

 3月8日(金)に、高畑充希主演の連続ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第9話が放送された。絶体絶命の展開に、心配の声が続出している。

 主人公は、20年前(6歳の頃)に父親が“高遠建設”現場で転落死し、この死に長年疑問を抱いている新人刑事・牧野ひより(高畑充希)。事件が起きるたびに、退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、元警視庁捜査一課・主任の夏目惣一郎(西島秀俊)、現場経験ナシの元警部・高平厚彦(小日向文世)、元科捜研エースの藤堂雅人(野口五郎)、定年まで現場にこだわった刑事・迫田保(角野卓造)、元警視庁副総監で現在は大家の伊達有嗣(近藤正臣)たちと共に事件を解決していく。

 第9話では、ひよりの亡き父のほか、2名の従業員が不審な死を遂げている会社「高遠建設」を調査することに。警視庁から高遠建設へ天下りした常務取締役・野間仁(佐野史郎)が全ての鍵を握っているようだと掴んだ、ひよりやメゾン・ド・ポリスのメンバーたちは、事件の真相が明らかになる証拠を見つけ…

2019/3/15

全文を読む

衝撃の結末! 犯人はまさかの“あの人”で「予想つかなかった」「ビックリした」の声!【ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第8話】

『メゾン・ド・ポリス3 退職刑事とテロリスト』(加藤実秋/KADOKAWA)

 3月1日(金)に、高畑充希主演の連続ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第8話が放送された。まさかの事件の結末に、驚きと感動の声が上がっている。

 主人公は、20年前(6歳の頃)に父親が“高速建設”現場で転落死し、この死に長年疑問を抱いている新人刑事・牧野ひより(高畑)。事件が起きるたびに、退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、元警視庁捜査一課・主任の夏目惣一郎(西島秀俊)、現場経験ナシの元警部・高平厚彦(小日向文世)、元科捜研エースの藤堂雅人(野口五郎)、定年まで現場にこだわった刑事・迫田保(角野卓造)、元警視庁副総監で現在は大家の伊達有嗣(近藤正臣)たちと共に事件を解決していく。

 第8話でひよりは、亡父と同様の事故で夫を失った美砂(荻野友里)に接触。そして後日、メゾン・ド・ポリスに2台のスマートフォンが入った小包が届いた。スマホが鳴り響いたため通話をすると、電話の主は変声機を使った声で藤堂を誘拐したと告げる。

 犯人の要求は、30分で1億円用意すること…

2019/3/8

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

メゾン・ド・ポリス3 退職刑事とテロリスト (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

タイ子

シリーズ第3弾にて長編。ドラマを見ていただけにおじさん軍団が脳内変換されて面白さ倍増。あちこちの施設で見つかる爆弾で退職刑事たちの出陣となる。伊達さんの威光とは言え、捜査を丸投げなんじゃない?とか思ったらこの作品は成り立たないのでそのまま楽しむ。迫田さんの息子や元奥さんが登場したり、ひよりの相棒が何故か女嫌いで定年退職間近の嫌みな刑事。後に女嫌いの理由が判明してウルっとさせられる。ひよりが終盤に見せる「ダイ・ハード」のB.ウィリスみたいなシーンで盛り上がる。第4弾を構想中とのことで次巻も楽しみです。

2019/03/22

momi

シリーズ第三弾!シリーズ初の長編です!!みんな健在!!相変わらず元警察官のメゾンドポリスのおじさん軍団たちが陽気で可愛くて頼もしい!今回「ひより」はあちこちで起きる爆弾事件に挑みます!あの人の息子も登場!さぁ、テロリストを阻止するためにメゾンドポリスで捜査会議の始まりです!個性派ぞろいで痛快!今回も…もちろん楽しかった〜♬

2019/02/28

きょん

個人的に西島さんの夏目はカッコよすぎる気もしてるんですが、今回読みながらドラマキャストたちの声や表情が浮かんでくるので随分影響されてしまってます。テロとの戦いとはいえマイペースなメゾンドポリスの面々なのであまり悲壮感はないし、合間に家族愛も覗くのでじんわり。

2019/03/06

りんりん

3巻。初の長編。偽爆弾事件が連発。ひよりは、女嫌いの梅崎とコンビを組むことになる。おじさん軍団とともに、数少ない手がかりから犯人を捜し始めるが・・・。テレビのキャストを当てはめながら読了。インディゴとは違った面白さがあるこのシリーズ続いてほしいなあ。

2019/02/27

calina

テロ?このシリーズには合わないのではと思ったけど、 いやー、いいじゃないの。 爆弾事件、悪戯にも見えるけど、そう簡単ではなく。 迫田と息子の関係がもどかしかったけど、いいとこは全部 終盤に登場のお方が持ってったみたいな(笑) 次は、他のメンバーの家族関係も見てみたいなー。 それにしても、作中の水族館、すごく見てみたい!

2019/03/10

感想・レビューをもっと見る