読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

紅蓮浄土 石山合戦記

紅蓮浄土 石山合戦記

紅蓮浄土 石山合戦記

作家
天野純希
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-06-02
ISBN
9784041090176
amazonで購入する Kindle版を購入する

紅蓮浄土 石山合戦記 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

★Masako★

★★★★信長と大阪本願寺の11年にも及ぶ戦い「石山合戦」。信長軍に家族を殺され、本願寺の間者集団の忍びとなった千世を中心に本願寺側に関わった者たちからの視点でその戦いの始終を描いた作品。「仏敵・信長と戦え。進めば極楽、退けば地獄ぞ」と、浄土真宗の教えを歪めて民を煽り私利私欲に走る坊官たち。門徒を守る為に反旗を翻す者、本願寺を恨み滅ぼそうとする者。そして法主・顕如の大きな賭け…後半、全ての思いがぶつかり戦い合うシーンは一気読み。もう少し千世視点の話が欲しかったが、読み応えのある歴史エンタメだった【図書館本】

2020/08/26

ずきん

おお、女忍者物かあ♪と『雑賀のいくさ姫』系のつもりで開いたら、ガチの石山合戦記であった。女間者「千世」を軸に、本願寺側から語られる十年に及ぶ合戦の、情け容赦のないこと凄まじい。後ろでは「極楽浄土」を振り回す腐れ坊官ども。眼前には撫で斬りにせんと構える織田勢。逃げ場なく翻弄される門徒達。あまりの理不尽さに、歯ぎしりし、ぐったりするものの、緩急つけた見事な語り口に読む手は止まらない。ああ、面白かった。これはもう、著者の筆致というかリズムが好きなんだなあ。欲をいえば、千世や重蔵をもっと分厚く読みたかったかな。

2020/12/16

巨峰

石山合戦をしっかり捉えた作品。親鸞の教えと矛盾する本願寺教団の教えなどもちゃんと描かれていると思った。

2020/07/24

ロマンチッカーnao

本願寺と織田信長との戦い。初めて読むので、こういうことだったのかと思いながら読みました。めっちゃ面白かった。千世という忍者視点で進むので、腐れ坊主どもに吐き気がした。しかし、信長の神から選ばれたとしか思えない、強運はすごいですね。この作家さん他のも読みたくなりました。

2020/09/16

keith

信長に徹底抗戦した石山本願寺。幾多の信徒の犠牲の上に立っていたこの戦いを本願寺側から描いてます。史実と本願寺の間者集団の暗躍を掛け合わせたエンタメです。

2020/07/19

感想・レビューをもっと見る