読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

友達以上探偵未満 (角川文庫)

友達以上探偵未満 (角川文庫)

友達以上探偵未満 (角川文庫)

作家
麻耶雄嵩
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-11-21
ISBN
9784041108451
amazonで購入する Kindle版を購入する

友達以上探偵未満 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

森オサム

女子高生探偵の二人組が殺人事件を解決する、と言うファンタジーな設定の短編集。コミカルなセリフで進むライトな雰囲気では有るが、読者への挑戦状が挟まれる本格ミステリでした。全体を通してキャラ重視の作品なので、ウザいか楽しめるか、好みは分かれるかも。1話、2話はそう思いながら読んでいましたが、3話はガラリとテイストが変わります。この居心地の悪くなる様な嫌な感じ、これぞ麻耶作品、ブレません(笑)。とは言え、ダークさは他作品よりはまだマシな方ですが。読了後にタイトルの意味が分かった気がした、なるほどこれも悪くない。

2022/06/27

よっち

忍者と芭蕉の故郷、三重県伊賀市の高校に通う伊賀ももと上野あおは地元の謎解きイベントで殺人事件に巻き込まれる。 探偵好きの二人はももの直観力とあおの論理力を生かし事件を推理していく青春ミステリ。伊賀の里ミステリツアーでの殺人事件、二人が通う伊賀野高校で起きた殺人事件、ももとあおの出会いと夏合宿で起きた殺人事件。タイプが違う二人を中心に見立て殺人を解き明かしてゆく展開は読みやすいのに意外と本格的で、補い合っていい感じにバランスが取れている二人が出会い、挑戦することになった最初の事件もなかなか効いていましたね。

2020/12/31

さくりや

予想していたものとは違ったがまあまあ面白かった。この人アンチミステリ以外も書くんだー。伊賀の里ミステリーツアーとか、お堀幽霊とか、シチュエーションが凝っていた。「夏の合宿殺人事件」で、あおのももへの気持ちが吐露される訳だが、これがイマイチだった。えーあなたそんなマウント気質の見下し女だったの(10代に何言ってんのって話だが)。ももの夢に一途でライバルのあおにも素直に嫉妬したり尊敬したりする姿勢が良かっただけに、余計に。私はこの話をハッピーエンドだとは思えない。ロジックとトリックは良かった

2021/01/17

星野流人

名探偵志望の女子高生であるももとあおが、3つの殺人事件に挑むミステリ作品。女子高生が主人公ですが、各話に謎解きの挑戦状が用意されており、ミステリ要素が強めでした。これからミステリを楽しんでいきたいという若い方が、最初に読んで挑むミステリにちょうどいい作品だと感じました。前2篇はミステリに重きを置いていますが、最後の「夏の合宿殺人事件」では友達以上探偵未満であるももとあおの関係性に焦点があたり、単なる謎解きに終わらない奥深さも感じました。そこで描かれるテーマがワトソンなのも、ミステリらしくて良かったですね

2021/02/02

coco夏ko10角

単行本既読。なぜか忍者の話を無性に読みたくなって文庫を。今回の方がキャラに馴染んで楽しんで読めた。あおともものこの後も見てみたいな。

2021/08/18

感想・レビューをもっと見る