KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50 (角川文庫)

武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50 (角川文庫)

武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50 (角川文庫)

作家
山口周
出版社
KADOKAWA
発売日
2023-11-24
ISBN
9784046066008
amazonで購入する Kindle版を購入する

武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しゅー

★★おお、山口さんは哲学専攻してたのか。道理でビジネス書の域を超えて普通に哲学入門書になっている。しかも巻末の推薦図書がかなりシッカリしていてうれしい。年代順じゃなくて「人」、「組織」、「思考」などテーマ別の編集も新鮮だ。一方で「役に立つ」ことを基準にしているので、スピノザやカントにウィトゲンシュタインなど大胆に省かれた哲学者も多い。この辺は賛否両論出そうなところだ。ところで、ロック(思想家じゃなくて音楽のほうね)の分類を例示するときに冒頭がプログレッシブ・ロックって、山口さんも同好の士だったのかしらん。

2023/12/02

papacy

【哲学を現在社会と連結】最初は、これは哲学ではなく心理学の本かなと思った。哲学を学ぶ本と思うといささか不満だった。だが、読み進めていくと、ニーチェのルサンチマンの持つ課題、ユングのペルソナ(よそ行きの顔)に関する気になる実話、フロムの「自由からの逃走」をもとにした危険性の解説、行き過ぎた公正世界仮説が社会不安を招くなど、哲学者の言葉を現在社会の場面に当てはめて分かり易く解説している。本の表題に納得。武器になる本です。オーディブルで聞いたので、「阻害」か「疎外」のどちら?と思った様なこともしばしば。

2024/05/11

caniTSUYO

リベラルアーツ&ビジネス界隈の有名人である元コンサルの山口周による修羅場で役立つ哲学(講義の意味)のコンセプトや概念、それに至るプロセスをピックアップ。 冒頭ある通りに本書は哲学を時系列的に学ばせる哲学入門の体裁を取らずあくまで現代を生きる人々にとって実用的な哲学をラインナップしており、アカデミック的な哲学入門や象牙の塔的スタンスの哲学本より身体に染み入りやすい。 挫折した哲学者のコンセプトや浅く理解していたコンセプトについて理解が深まりありがたかった。ソマテイック・マーカーは氏の主張を代弁してたと思う

2024/05/20

テイク

「哲学」を哲学史や学問体系ではなく、他の社会学、経済、宗教等と合わせて「人」「組織」「社会」「思考」のキーコンセプトに分けて(つまり哲学をどう「使うか」)解説している。言葉も極めて平易に噛み砕いており最後まで興味深く読んだ。自分が印象に残ったものは「公正世界仮説」スジの悪い努力、自己責任論に陥る「未来予測」未来を作ることが確実な予測だ「反脆弱性」脆弱ではないこと=頑強ではない。反脆弱であることだ。「神の見えざる手」何事も因果関係を導き出せるという考えは傲慢「悪魔の代弁者」文句をつける人の重要性。

2024/01/14

禿頭王

「哲学・思想の真髄を自分の人生に活用する」という本が巷に溢れる中、最高と言っていいほどの質の高さを誇る本です。本書に収められた50個のキーコンセプトを知っておくだけで物の見方が格段に広がり、比喩表現ではなく、世界の見え方が変わります。中でも「公正世界仮説」「パラノとスキゾ」「反脆弱性」あたりは、現代人なら知っておくべき視点と感じました。最後にブックガイドを添えるあたりも親切です。

2024/04/09

感想・レビューをもっと見る