読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ファミ通と僕 1998-2000 (ファミ通BOOKS)

ファミ通と僕 1998-2000 (ファミ通BOOKS)

ファミ通と僕 1998-2000 (ファミ通BOOKS)

作家
伊集院光
出版社
エンターブレイン
発売日
2013-08-08
ISBN
9784047291256
amazonで購入する

ファミ通と僕 1998-2000 (ファミ通BOOKS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ルート

『のはなし』に続き、伊集院さんのゲームエッセイ。パワプロをやりたくなってくる。(サクセスでオリジナルチームを作ってオートペナント)伊集院さんはパワプロの新作が出る度プレイしてたみたいだけど、自分はウイイレだったなぁ。マスターリーグをめっちゃやってた。読書を楽しむようになってから、RPGが楽しくなってきた。最近はPS4を買ってしまい、FF9リマスターに夢中。ちょっと前までは、PS3でアーカイブスを買っていろいろ遊んでた。昔の名作は安心して楽しめる。読書も一緒かも。もちろん知らないのに飛び込むのも楽しいけど。

2019/06/19

nbhd

10代の大半を深夜ラジオに黒く塗り潰されている僕にとっては、映画「オーロラの彼方へ」に似た、時空を超えた読書体験だった。18年前のファミ通連載コラム+当時の誌面解説+当時を振り返ってコメント付きの豪華3本立て2年分。「1週間たまごっち50個育て対決」とか10代の僕が聴いていたラジオの語りがこの本をとおして蘇る。このころの伊集院さんがちょうど30過ぎたところ。で、僕がいま30過ぎたところっていう…時間って怖いなぁ。内容はパワプロばっかりだけど、数十年後にはゲーム史研究の必須参考文献になるかも。

2016/01/24

METHIE

パワプロはやらないが楽しく読めるがたまごっちの話を延々8話以上やるのは勘弁して欲しかったトゥルーラブストーリーも。 あと発売されないハードやゲームの振り返るのも面白い。

2013/11/03

anken99

ひさびさの伊集院本。といっても、静じゃなくて光のほう。本書は、あの『ファミ通』で連載されていた記事を、今さらながらまとめたもの。前編は1998年から2000年までの分だ。雑誌が雑誌だけに、ゲームネタが延々と続くわけだが、それぞれの回(1見開き)ごとに、いま本人が当時を振り返るちょっとしたコラムもついていて、時代を感じさせる。10年とか15年とかあっという間だな。当時(今もか?)ゲームに人生の貴重な時間をささげてきた人にはたまらない内容。にしても、パワプロの話がほとんど(笑)。私もプロスピやり始めました。

2015/11/10

ファミ通を読んでいないので、すべてのコラムが初見。どんだけパワプロが好きなんだ、ていう。野球とゲームへの有り余る愛情が余り過ぎてダダ漏れしまくっている1冊。自作選手のプロフィールやバックストーリーを想像して楽しむのは、自分も三国志の4だか5だかのオリジナル武将でさんざんやったなと懐かしくなった。

2014/06/15

感想・レビューをもっと見る