読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

GOHOマフィア!梶田くん1 (電撃コミックスEX)

GOHOマフィア!梶田くん1 (電撃コミックスEX)

GOHOマフィア!梶田くん1 (電撃コミックスEX)

作家
大川ぶくぶ
マフィア梶田
羽海野チカ
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-01-26
ISBN
9784049121872
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

「ポプテピピック」の大川ぶくぶが、マフィア梶田を“材料”に描くスペースオペラギャグ4コマ爆誕! 考えるな…感じろ…!

「GOHOマフィア!梶田くん1 (電撃コミックスEX)」のおすすめレビュー

「ついにマンガの材料に!」“フリー素材”マフィア梶田が『ポプテピピック』作者の手で4コママンガになった

『GOHOマフィア!梶田くん』(大川ぶくぶ:漫画、マフィア梶田:材料、羽海野チカ:カバーイラスト/KADOKAWA)

 192cmの長身で、髪型はスキンヘッド。メガネは色付き、服装は革ジャン。見た目は完全にチンピラだが、中身はゲームやアニメに熱い愛を持つオタク…。

 そんな外見と中身のギャップが、たびたび注目の的となるマフィア梶田。本業はフリーライターだが、ラジオパーソナリティ、声優、俳優としても活躍(あの『シン・ゴジラ』にも石原さとみのSP役で出演!)。マンガ、ゲームなどに本人がモデルのキャラクターが登場することも多数。なぜかぬいぐるみにまでなっている。各所でネタにされまくりの状況から“フリー素材”とも言われてきた人物だ。

 そのマフィア梶田が、ついにマンガにまでなってしまったのが、『GOHOマフィア!梶田くん』(大川ぶくぶ:漫画、マフィア梶田:材料、羽海野チカ:カバーイラスト/KADOKAWA)。マンガの担当は『ポプテピピック』の大川ぶくぶ氏で、マフィア梶田の本作における肩書は“材料”。作中では好き勝手にネタにされまくっている。

 マンガは大川氏の…

2019/2/17

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

GOHOマフィア!梶田くん1 (電撃コミックスEX) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

塩崎ツトム

「カ~ジタ~」と呼びかける仙人が好き。元ネタは知らん。

2019/01/31

フク

kindle★★★☆☆ カジプシー・アベンジャーを公式で早く観たい。

2019/01/31

hiderinstar

大川ぶくぶの最高傑作の1つ。単行本化を待ち望んでた。身内の漫画家や声優が登場したり、カバーするネタも映画やアニメからゲーム、Vtuberまで多岐に渡るのでノリについていくのが大変な人は多そう。

アキ

ぶくちゃんの3本に1本くらい笑える感じが癖になります。ふつうにめちゃめちゃ笑うやつもある。 羽海野先生のおまけもとてもよかった笑

2019/02/13

ケケ内

真山の声が左側からするくだりがこの本のピーク。モルゲッソヨ、一瞬考えな分からんがな……と思うにつけ、サザエさん等の新聞4コマってすごいなぁと時事ネタに対する謎の感動。「映画いきません?」「いいよ」ほっこりするわー

2019/02/11

感想・レビューをもっと見る