読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ちょっと今から人生かえてくる (メディアワークス文庫)

ちょっと今から人生かえてくる (メディアワークス文庫)

ちょっと今から人生かえてくる (メディアワークス文庫)

作家
北川恵海
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-07-25
ISBN
9784049125337
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ちょっと今から人生かえてくる (メディアワークス文庫)」のおすすめレビュー

累計発行部数70万部超の続編!『ちょっと今から仕事やめてくる』の珠玉の裏エピソード

『ちょっと今から人生かえてくる』(北川恵海/KADOKAWA メディアワークス文庫)

 仕事に悩み苦しむ多くの人に感動の嵐を巻き起こした北川恵海による小説『ちょっと今から仕事やめてくる』。累計発行部数70万部、福士蒼汰&工藤阿須加出演で映画化もされたこの大ヒット作の待望の続編が発売される。『ちょっと今から人生かえてくる』(ともにKADOKAWA メディアワークス文庫)は、前作で語られなかった、珠玉の裏エピソードを描いた感動ストーリー。前作と同様、日々に忙殺され、どうして働いているのか、その意味すら見失っているビジネスマンにこそ手にとってほしい作品だ。

 物語は、印刷会社に勤める五十嵐諒の視点で始まる。五十嵐諒といえば、前作『ちょっと今から仕事やめてくる』の主人公・青山隆の上司として登場し、青山を苦しめた張本人でもある。「どうしてそんな人物が続編の主人公なの?」と思いながら、ページを読み進めたが、読めば読むほど、五十嵐を憎む気持ちが静かに消えていった。そうか。ブラック企業では、人はこうやって自分自身を見失ってしまうものなのか。前作で悪役になってしまっ…

2019/7/25

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

ちょっと今から人生かえてくる (メディアワークス文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

前作は息子を思いながら読んだ。本作は五十嵐のことから始まった。そして、五十嵐にも【ヤマモト】が現れた・・人は仕事関係だけで人間関係を築いてる訳ではないのだ。誰もがきっと人生の何処かで【ヤマモト】に会っていると思う。これから出会うのかもしれない。ヤマモトには青山が【ヤマモト】になったんだ。それぞれの話がどこかでちょっと繋がって温かい作品になっていた。五十嵐の中にも息子を感じて「親はね、子供がおいしくごはん食べてくれてりゃそれで、幸せ。」定食屋のおばさんの言葉が私の気持を代弁していてそれだけで泣けた。

2019/08/31

とし

五十嵐諒先輩も新しい道にスタートですね、ヤマモトさん絡みで皆が優しい気持ちに、私もほっこりです。

2019/11/16

菅原孝標女

前作に引き続き、軽いタッチでヘビーな話を書ききっちゃったなぁこの人は、なんて思いながら読了。前作に劣らない面白さ、短編のうまさで一気に読めました。続編ってどうしても期待以下に感じてしまうことが多いけど、今回も勇気をもらいました。

2020/01/20

SJW

「ちょっと今から仕事やめてくる」の続編とサイドストーリー。7つの短編から構成されており、青山の先輩の五十嵐、五十嵐の友人の米田、五十嵐が聞いていた路上ミュージシャン、あのヤマモトなどが登場して懐かしいやり取りを楽しませてくれる。それぞれの人生模様の後日譚にほっとする。人手不足のためブラック企業は減っていると思うがまだまだあるはず。苦しんでいる人には主人公たちのように勇気をもって自分の人生を切り開いてほしい。

2020/02/22

mariya926

献本で当たりました!この作家さんの本は全読しているので当たらなくても読んでいました。有名な「ちょっと仕事やめてくる」のアナザーストーリーです。前作を結構忘れていましたが読んでいる内に少しづつ思い出し始めました。ブラック企業に務めるとこんなに苦しむんですね。でも色々なしがらみがあってなかなか抜け出せない。ヤマモトはどこにでも現れて誰でも助けてしまえるので羨ましいです。ヤマモトのようになりたいけど、あの言葉はやめといた方がよかったかな?と後で色々考えすぎてしまい、だんだん会うのが面倒になってしまう変な性格です

2019/09/12

感想・レビューをもっと見る