読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

車のいろは空のいろ (講談社文庫 あ 14-1)

車のいろは空のいろ (講談社文庫 あ 14-1)

車のいろは空のいろ (講談社文庫 あ 14-1)

作家
あまんきみこ
出版社
講談社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784061380677
amazonで購入する

車のいろは空のいろ (講談社文庫 あ 14-1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mntmt

「車のいろは空のいろ」はとても懐かしかった。「ふうたの雪まつり」「きつねみちは天のみち」「とらうきぷっぷ」は初読み。作者の優しい人柄が出ていて、どれも良かった。

2016/11/25

ホレイシア

「白いぼうし」が教科書にありませんでした?

さよならちやう

「これはレモンの匂いですか?」がもう一度読みたかったんですよ、夏に!読めて良かった。『しろいぼうし』はもちろんですが、『ふうたの雪まつり』に感動しました。松井さんが「おじさんもはいってみたかった」と言って一緒にかまくらに入るところで、松井さんが本当にやさしい人だ、と、きっと優しいってこうゆうことなんだなと、温かくなりました(東上線寒いからちょうど良かった)。アト……ふうたがぽつんと立っているところを見て、私も松井さんと同じように涙がたまってしまい、涙線の緩みを感じました;;

2013/08/19

mimm

図書館のリサイクルで入手。著者様初読みです。 戦争のにおいの少々残る話もある児童童話。でもどれも可愛い。 大人ですが、心が暖かくなりました。たまにはいいかも。

2013/07/27

感想・レビューをもっと見る