読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ニサッタ、ニサッタ

ニサッタ、ニサッタ

ニサッタ、ニサッタ

作家
乃南アサ
出版社
講談社
発売日
2009-10-21
ISBN
9784062157230
amazonで購入する

ニサッタ、ニサッタ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

七色一味

読破。いやもぉ、なんだか身につまされるというか…。転がり落ちるだけの人生、職の決まらない焦り、自分への言い訳…。もう一歩、そのもう一歩が届かない悔しさと、見捨てられたような感覚。夢が描けず、ただ流されるだけの生活。膨大なページのそのほとんどが、主人公の増上慢と挫折に彩られた物語。確かに慢心、不遜、そして責任転嫁。それでも耕平が羨ましく感じる。もがいた、苦しんだ、その結果として見つけた夢のかけら。その夢のかけらは痛いほどの純粋なまでの輝きを放っているように感じられた。

2013/04/05

紫 綺

何でこんなにタメるのっていうくらい不幸のタメをギリギリまで引き絞り、最後の最後に一気に解き放つ・・・そんな展開。主人公の愚かさにはイヤというほど辟易したが、救われる結末に安堵の息を吐く。私自身、難病発症時は死を考えたが、指一本動かすことが出来ず、あえなく断念。動けるようになり、病院の屋上に行けるようになる頃には、その気も萎えていた。今もリハビリで通うその病院、柵も無かったし、塀も低かったが、いいのか?

2012/05/27

タックン

耕平のダメさ加減にイライラしつつも、こうゆう人間はいくらでもいるし一つ歯車が違えばあっという間に転落人生になってしまう怖さがあるな世の中はって思って読んだ。それでもやっぱ耕平は人のせいにし過ぎるな・・・・・。

2015/06/25

taiko

就職した会社を2ヶ月で辞め、再就職した会社が倒産した。 あれよあれよという間に落ちていく耕平。 見事、と言えるほど、色々なタイミングで不幸なことがおこります。読者としては興味深く面白いですが、本人はたまらないですね。ただ、本人にも甘さがあり、それゆえの結果でもあるので、仕方がなかったかも。他にも読んだ転落人生物と違い、少しコメディーっぽさを感じてしまい、あまり深刻に捉えずに読んでいました。耕平自身は死をも覚悟することもありましたが、それすらも甘い!と思える展開。エピローグでは、明るい未来が→続く

2019/05/16

kishikan

平凡な、普通のサラリーマンになるはずだった。でも、上司とそりが合わずに最初の会社を辞め、その次の会社は突然の倒産、派遣社員でも失敗、やることなすこと落ちていく一方だった、まだ戻れると言う思いは、いつの間にかなくなり、帰郷。それでも・・・・。現代社会の矛盾を描きながらも、それを悪者にするだけではない書き方に好感が持てる。余りにも意気地なしの主人公に同情する気もなくなるが、やはり上手くいって欲しいと思わせる人の良さ。そんな、単なる青春エンタテイメントではない、乃南の大作に僕は喝采したい。

2010/06/15

感想・レビューをもっと見る