読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ガーディアン (講談社文庫)

ガーディアン (講談社文庫)

ガーディアン (講談社文庫)

作家
薬丸岳
出版社
講談社
発売日
2019-03-15
ISBN
9784065139608
amazonで購入する Kindle版を購入する

ガーディアン (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

三代目 びあだいまおう

『ガーディアン』守護者を意味する。率直に述べると前半とにかく読みづらい。登場人物が多くしかも名字と名前が入り乱れてついて行けない。でも読ませる!さすがは薬丸先生!中学校に蔓延る様々な暗雲。親や教師に解決の術はない。なぜ?大人に隠すように蔓延っているから!自分達を、かけがえのない中学生活を守るためにガーディアンは生まれた。悪には制裁を!学校に平穏が訪れた。怖い。このガーディアン、かなり有効な手段と思う。だからこそ怖い。率直に思う。いじめや無視って、ホントに貴方のためになるの?リアルであってほしくない‼️🙇

2020/05/27

utinopoti27

いじめ、不登校、校内暴力と、収まる気配のない学校の荒廃化。激務にあえぐ教師は余裕を失くし、生徒との溝は深まるばかり。本作は、そんな中学校で、生徒自らが組織した自警団「ガーディアン」の実態を通して、教育現場の闇に切り込みます。問題行動に制裁を加えるガーディアンの校内浄化活動は、目覚ましい効果を発揮する一方で、絶対的な力を得た組織は・・。お互い心を開きあう関係など望むべくもなく、静観を決め込む教師を責めるのは酷な気もする。読みごたえはあるが、難しい問題だけに、最後までスッキリとはいかなかった印象は残る。

2019/06/20

アッシュ姉

「ガーディアン」によって平和が保たれている中学校。その存在は正義か否か。首謀者は誰か。ミステリーとしては分かりやすいものの、テーマは難しく考えさせられる。登場人物が多くて行きつ戻りつしていたが、すべて把握するのを諦めた途端に読みやすくなった。さすがのリーダビリティだが、自分の中で明確な答えが出ない分すっきりはしない。あの方のサプライズ登場が嬉しかった。来週発売の文庫『刑事の怒り』がますます楽しみ。

2020/03/02

yanae

夏目さんシリーズ!と思って読んでみたら、夏目さんなかなか出てこないという(笑)ちょこっと出てきました。舞台は学校。赴任してきた学校は「問題がなさすぎる」学校。何かがおかしいと感じた教師がたどり着いたのは「ガーディアン」という生徒の組織。誰が黒幕なのか…というよりは、この組織の是非や、先生と生徒の関係性なんかがクローズアップされている感じ。元々このガーディアンができた理由も少し悲しい。けど、捨てたもんじゃないなって希望が持てる感じ。夏目さんは相変わらず素敵で大好き♡

2019/07/17

JFK

登場人物が、、多かった。夏目さんって、あの夏目さん?

2020/09/12

感想・レビューをもっと見る