読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

波よ聞いてくれ(6) (アフタヌーンKC)

波よ聞いてくれ(6) (アフタヌーンKC)

波よ聞いてくれ(6) (アフタヌーンKC)

作家
沙村広明
出版社
講談社
発売日
2019-03-22
ISBN
9784065148372
amazonで購入する Kindle版を購入する

波よ聞いてくれ(6) (アフタヌーンKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

buchipanda3

ラジオDJ漫画とは思えない展開w。アクション、さらにオカルト?、似非科学?、ノーザン・ボルテージ?。3人の救援隊とミナレさんの凄さを再確認。彼らは本当にノーマルなミキサーで料理人なのか。日常が戻り・・、札幌のメイウェザーの出現ww。そして、バチボコに酔っぱらった城華さん、遂に。目が本気でした。

2019/03/23

るぴん

レンタル。これってラジオの漫画だったよね?というくらいよくわからない展開になってたけど、謎の宗教団体編も終わり。中原くんは抜けてるけど、なかなかいい奴だと思う。そして次にどんな展開になっていくのか、相変わらず全く読めない…。

2019/09/18

HERO-TAKA

唐突にはじまった監禁編だったが、物語的には大きな意味のなるものだったような気がする。帯の裏にあるようにラブコメとしての出力も上がってきているが、それ以上にラジオや放送について、大事なことがたくさん言われている。茅代まどかがマキエに伝えた励ましの言葉。瑞穂がミナレに告げたラジオが持つ小さな力。放送法の改正についての麻藤の見解。「公平性」というのは政治的な公平性のことだけではなく、どんな人間にも等しく届かなくてはならないという「公共性」であるというのは、この議論がされる際に見逃されがちなことだと思った。

2019/03/31

あこさん

いったいどうストーリーが進むんだ?と心配になった前巻から ドキドキハラハラの拉致監禁からの脱出劇。そこから放送法4条の撤廃に絡めてくるなんざ 凄いなあ。イマイチ内容は難解なんだけど。 城華さんの過去は怖かった。茅代さんのコメントよかったなあ。今巻は いろんなとこで沙村広明のスゴさを見せつけられた感じ。 ベアゲルター 無限の住人 興味がわいてきたわ。

2019/03/24

しましまこ

マキエ遂に実力行使!そんなことより兄ちゃんの眉毛なんとかせな。

2020/01/04

感想・レビューをもっと見る