読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

未来の地図帳 人口減少日本で各地に起きること (講談社現代新書)

未来の地図帳 人口減少日本で各地に起きること (講談社現代新書)

未来の地図帳 人口減少日本で各地に起きること (講談社現代新書)

作家
河合雅司
出版社
講談社
発売日
2019-06-19
ISBN
9784065160893
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

47都道府県はもはや維持できない。20年後の日本人はどこに暮らしているのか? 累計75万部超の『未来の年表』シリーズ著者最新作!映画に登場するゴジラが大都市を次々と破壊していくように、人口減少は、10年後、20年後の日本のどの地域を、いつごろ、どのような形で襲っていくのか?今回は、これまで誰も本格的に試みることのなかった2つのアプローチに挑んだ。1つは、現在を生きる人々が国土をどう動いているのかを追うこと。もう1つは、「未来の日本人」が日本列島のどこに暮らしているのかを明らかにすることだ。2045年までに全自治体の人口がどう変動するかをまとめた、最新版の「日本の地域別将来推計人口」が公表されて以降、その詳細を深堀りした一般書はなかった。本書はその先陣を切るものである。

「未来の地図帳 人口減少日本で各地に起きること (講談社現代新書)」のおすすめレビュー

全国で銀行・病院・介護施設が消えていく!? 加速する人口減少が47都道府県に与える衝撃を「地図」で予測!

『未来の地図帳 人口減少日本で各地に起きること(講談社現代新書)』(河合雅司/講談社)

 日本全体が「老後資金2000万円」問題に揺れている。私たちの老後が想像以上に暗いことを意図せず公表してしまった金融庁だが、現実はさらに深刻であることをお伝えしなければならない。

『未来の地図帳 人口減少日本で各地に起きること(講談社現代新書)』(河合雅司/講談社)は、超少子高齢社会を迎える日本の未来を予言する。著者はこれまで『未来の年表』『未来の年表2』で話題を集めてきた河合雅司氏だ。前著では、これからの日本で起きることを時系列で「年表」にまとめ、この先起こるであろうことを説いてきた。今回は「人口減少によって起きる日本各地の異変」を「地図」にして視覚的にも分かりやすく未来予測を展開する。

 上の日本地図をよく見てほしい。約25年後の日本は2015年と比べると、秋田県の人口が約6割に縮小し、大阪府の人口は150万人も減少する。それだけではない、東京都と沖縄県を除いたすべての道府県が人口減少に見舞われる。冗談や誇張抜きで、私たちが生きている間に「日本の地方」は消滅…

2019/8/7

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

未来の地図帳 人口減少日本で各地に起きること (講談社現代新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kinkin

高齢社会に気を取られている背後に人口減少が地方で進んでいることを知った。一方では東京一極集中は相変わらず続くこと、予測では大阪や愛知、北海道、福岡、神奈川といった大都市がある県でも2045年頃には50万から100万人減少すること、限界自治体が増えることによって行政サービスの低下がさらに人口の減少をもたらすことなど。45年先なんて自分には関係ないと思う人も多いのではないだろうか、しかしもうすでに一部の地域では始まっているそうだ。巻末に全国の自治体の人口減少予測が載っていた。図書館本

2019/08/18

つねじろう

先日の新聞に2019年の人口動態調査の結果が載ってたけど首都圏への人口集中と高齢化はこの本の予想より拍車がかかっていた。少子高齢化、インバウンド、外国人労働者、地方の過疎化等目の前の景色が実際に変わって来たのは事実。世界人口は相変わらず増加しているのに、他に類を見ないほど急激と言って良いほど人口が減りつつある日本。足下の議論も大事だろうがそろそろ正しい情報開示と共有、具体的施策の検討に入らないとまずいのじゃないかと思わせるデータ満載です。ただ切れ味は小西美術工芸社のイギリス人社長の方がドラスティックです。

2019/06/25

よっち

総務省「住民基本台帳に基づく、人口動態及び世帯数」などのータを元に分析して、現在を生きる人々が国土をどう動いているのか、「未来の日本人」が日本列島のどこに暮らしているのかを予測した一冊。政令指定都市や市町村の人口転入/転出をベースに、どの年齢が流出しているのか流入しているのか、どの都道府県に流出しているのか明らかにしていて、予測はあくまで予測ではありますが、ここのまま減っていったらどうなるのか、容易ならざる状況を不可避のまま放置してもいいことは何もないので、できることからでも意識していけるといいですね。

2019/07/23

hatayan

人口減少時代の日本の将来をリアルに示した『未来の年表』の第3作。 東京の一極集中はしばらく続くが関西圏の地盤沈下が今後は起こること、外国人の存在が人口動向を大きく左右すること、2045年には都道府県の間で人口格差が30倍に開き、行政区の見直しが避けられない見通しを示します。 身の丈サイズに生活を見直しつつ豊かさが集積し便利さを享受できる場所を「王国」として育てること、自治体の枠組みにとらわれない個性ある拠点の集まりをコンパクトシティとは異なる概念として「ドット型国家」という喩えで提案しています。

2019/07/04

壱萬縁冊

わが町の2045年。6060人ぐらいになって、15年よりも4割ほど減少(268頁上段)。はぁ。(*´Д`)というのが率直な感想。どの自治体も危機だらけ。TSUTAYAでTポイントでセルフレジにて購入したが、家族にも読ませた。重要ポイントは明朝太のため、拾い読みでもよいが、地図帳なだけに、自分の住む自治体の未来が見える化されているので、2045年まで生きようが、生きまいが、そうはなるだろう、という内容。ではどうする? それが対策ってものだ。平成年間ずっと、過疎化高齢化って言ってきたので、田舎が過疎の最先端。

2019/06/30

感想・レビューをもっと見る