読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

寄生獣リバーシ(4) (アフタヌーンKC)

寄生獣リバーシ(4) (アフタヌーンKC)

寄生獣リバーシ(4) (アフタヌーンKC)

作家
岩明均
太田モアレ
出版社
講談社
発売日
2020-02-12
ISBN
9784065185414
amazonで購入する Kindle版を購入する

寄生獣リバーシ(4) (アフタヌーンKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

グレ

スレドニ・ヴァシュタール様ってナニモノ?と、Sakiの短篇“Sredni Vashtar”を読んでみました。ナツメグの粉を供えて真摯に願えば叶えちゃる神様…こっちの左手様はヤク中だがな。武装した警官二人をも瞬殺した強大な敵を討つため、弓道を始めたタツキ。僕の出身校では«足踏み»や«胴造り»といった立ち姿勢など射法八節の下積み修業が長く、実に夏休みに入るまで矢を放たせてはもらえなかったぞ?いやそれより、和弓は拳銃より強いのか!? 永遠の中ニ、「光の戦士」エスパー深見のオマケ漫画に思わず笑っちゃいましたwww

2020/02/13

すぱちゃん

大作漫画「寄生獣」の裏で、起こっていた話。原作の偉大さに、追いつけるのか?傍観していたが、少しずつだがそれらしくなってきたじゃあないかな?原作寄生獣で唯一「寄生獣」という言葉を人類に放った、広川市長のご子息が主人公で、寄生生物と闘おうとしている。親子の確執も今後、更に描かれるのか。急に、先が楽しみになった4巻でした。

2020/02/13

3.5 新刊読了。ここまで読んでも、海老沢の行動原理がよくわからん…。デビット・ボウイをかけてゆで卵を食べるとか謎ルーティーンもそうだけど、単なる理解不能なヤク中サイコパス快楽殺人犯ってことでいいんだろうか?本家は、「人類の天敵」としての寄生生物はもちろん、人間であるがゆえにそれに同調した広川も含めて、敵側にも納得できる行動原理と、それを自問自答していく思考のプロセスがあって、それこそが深みを与えていただけに、単なる快楽殺人犯なんてお呼びじゃないというか、それこそ蛇足になりかねないと思う。

2020/02/21

たー

段々と舞台裏の出来事がメインで一人歩きし始めてるこの4巻。ただやっぱりこじんまりしてるし、どうも突き抜けないなぁ…、というのが感想です。やっぱりスピンオフ書くなら本編超えるくらいの気合いが欲しい!再確認程度ではあんまり惹かれないですね。広川息子含め人間がどう反撃していくのかとか、人からの目線の寄生獣深堀りとかが、今後出てくることを期待します。このまま淡々と進めないで欲しいです。

2020/02/12

yoko**

ジャンキーな寄生獣。寄生する人間の境遇や価値観によって彼らの行く末は色々。

2020/07/05

感想・レビューをもっと見る