読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

風太郎不戦日記(1) (モーニング KC)

風太郎不戦日記(1) (モーニング KC)

風太郎不戦日記(1) (モーニング KC)

作家
山田風太郎
勝田文
出版社
講談社
発売日
2020-03-23
ISBN
9784065188606
amazonで購入する Kindle版を購入する

「風太郎不戦日記(1) (モーニング KC)」のおすすめレビュー

「人間は、実に馬鹿なり」…若き日の山田風太郎は戦時下の日本でなにを見たのか

『風太郎不戦日記(1)』(山田風太郎:原作、勝田文:漫画/講談社)

 日本を代表する作家のひとりである山田風太郎といえば、やはり「忍法帖シリーズ」がお馴染みであろうか。私はといえば、幼き頃に観た映画『魔界転生』で、ジュリーこと沢田研二扮する天草四郎時貞が、己の首を手に高らかに笑うシーンがやたらと印象に残っている。そんな大作家である山田が1971年に発表したのが『戦中派不戦日記』だ。これは山田が23歳であった昭和20年、つまり終戦の年に記された日記なのである。日記文学の最高峰とも称される作品だが、今回『風太郎不戦日記(1)』(山田風太郎:原作、勝田文:漫画/講談社)として漫画化されることになった。

 本作は昭和20年の1月1日から始まる。上京して目黒の高須家に下宿していた山田青年は、東京医学専門学校(現在の東京医科大学)の1年生であった。しかしそれは医者の家に生まれたからそうしただけであり、本当に医者を志したわけでもなかったのだ。さらに山田は前年に召集令状を受け取ったが、肋膜炎を患っていたため軍に入隊することができなかった。そういった本意とは違う自分の…

2020/6/2

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

風太郎不戦日記(1) (モーニング KC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

akihiko810/アカウント移行中

山田風太郎が医学生時代、徴兵されず東京で暮らしていた昭和20年当時の風物を描いた作品。勝田文による「戦中派不戦日記」のコミカライズ。  この作品はすごい。戦時下の医学生の生活が描かれた生身の戦中日記。すぐ隣にある死への諦念と、生への執着が余すことなく綴られている。空襲があって進学試験が中止になって全員進学になったことに喜んだり、大空襲で本郷が焼けたことに絶句したりする。戦時下の日常を正直につづった作品で、「この世界の片隅に」と同じく広く読まれるべき作品だと思う

2022/07/04

かさお

借りマンガ。この世界の片隅に、の医学生バージョン、といった印象。昭和20年代の山田風太郎の日記を、勝田文がマンガ化。ジーブスも良かったが、今回も絵柄がとても良かった。コミカルだが泣きたくなる感じ。今のコロナを想うところも度々あった。もちろん次元は違うけど。緊張は長く続かない。疲弊し摩耗し麻痺して愚鈍になっていく。数字が増えているのに、「ふぅん」となって感じなくなってくる。こうして時が過ぎていくのを待つしかないのかな…

2020/08/09

fumikaze

昭和20年戦時中の山田風太郎の日記。空襲で焼け野原になり食料もない不安な様子が伝わって来る。比較にならないだろうが、コロナウィルス騒ぎで社会が不安になり買い占め(?)などが起こり始めている今読むと、あの時代に生き延びた人々は強かったんだなぁ、多分彼等なら今の騒ぎも冷静に受け止めるのだろうか、という気持ちになる。

2020/03/31

緋莢

原作となる『戦中派不戦日記』の存在は知っていましたが、読んだことはありませんでした。それが漫画化、しかも勝田文で!かなり驚きました。昭和20年、東京の医学生・山田青年の日々が描かれています。銭湯は、娯楽が極端に少ないのと、燃料がないため自宅で風呂をたてられない事から常に混んでおり、湯が汚い。しかも普通の履物を履いていけば絶対に盗まれるという描写、配給は僅か、闇で儲けている人がいると怒り、<かくて日本に不機嫌と不親切と不平とイヤミ充満す。>と書いたり(続く

2020/11/21

マツユキ

若き日の山田風太郎さんが漫画に。小説家になるつもりはなく、病気で兵隊に行く事がなかった医大生です。戦争で生活が苦しくなる中、自分の事も含めて、世間を冷たく見つけながら、本人も調子が良い。まだ風太郎自身には大きなダメージはありませんが…。全3巻続けて読みます。

2022/02/22

感想・レビューをもっと見る