読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

メルカトル悪人狩り (講談社ノベルス)

メルカトル悪人狩り (講談社ノベルス)

メルカトル悪人狩り (講談社ノベルス)

作家
麻耶雄嵩
出版社
講談社
発売日
2021-09-17
ISBN
9784065240564
amazonで購入する Kindle版を購入する

メルカトル悪人狩り (講談社ノベルス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

buchipanda3

名探偵ならぬ銘探偵メルカトルの冒険、ではなく、いつもの出来事(彼には)ともいうべき短編集を楽しめた。最後の話ではいつもらしくない感じもあるが、それはそれでいい味を出していた。「水曜日〜」は既読。後半4篇は特に銘探偵ぶりを遺憾なく発揮しており思わずポカンとなるが、この独特な感覚を楽しむために読んでいることを思い出す。「囁くもの」メルの変な行動に翻弄されるが囁かれたものには敵わない。「ナイト」パーティーではない。奇異な目眩ましというか手練な手品のよう。「天女五衰」因果な世界だ。「操作法」無謬ぶりを巧みに活用。

2021/09/26

藤月はな(灯れ松明の火)

誕生日に中学生時代から大好きなシリーズの新作を読めるなんて、なんて幸せなのだろう・・・。白眉は「水曜日と金曜日が嫌い」。『黒死館殺人事件』を彷彿とさせる世界観で繰り出される「残念ながら私は長編に向かない探偵なんだよ」発言(帯にも載っています)。作者のデビュー作を知っているだけに自虐の笑いに嚙み潰されるのですが(笑)それにしてもコロナ禍でもメルは相変わらずだが、「これはパラレルワールドなのか?」と迷ったぞ。今回の見所はうたたね中に隣にマネキンを置かれて起きてから吃驚するメルです!これだけで御飯が食べられる!

2021/09/23

雪紫

「水曜日と金曜日」は既読。目の前に鏡置け鏡なツッコミ不可避タイトル。アンタ水車館の悪夢界で何したと(関係ない)。「かく語りき」みたいに「麻耶さんだよ。やるでしょ」的なのは薄めだけどね、メルが出るだけで、その行いだけで、やばい作品になるんだーー「だって麻耶さんだし」。作家絡みの「メルカトル・ナイト」とリトル和音島というべき「メルカトル式捜査法」メルらしくて最高でした。・・・ツッコミ不可避タイトルがページを進めるごとに、引き攣った苦笑いへと変わっていく。麻耶さん世界も一部サザエさん時空に突入したようだし。

2021/09/21

geshi

ラストに向けて構成された銘探偵メルカトルとは何か?を改めて同定する短編集。『水曜日と金曜日が嫌い』は黒死館にメルカトルを放り込んで短編で終わらせてしまうオマージュと諧謔。『囁くもの』『天女五衰』で銘探偵の行動が犯人を絞ることに繋がる「神の手」を見せることで『メルカトル式捜査法』では更なる捻じれを起こして銘探偵の行動は全て犯罪解決に意味があるという所にまで推理が踏み込んでしまい、メルカトルでしか許されない領域まで行っちゃってる。よっぽどのミステリに擦れた人でしか楽しめない独特すぎる味。

2021/11/05

ハスゴン

相変わらず、僕にとっては癖の強い描写で読むのが一苦労でしたが、どれも幕切れが素晴らしいと思う。

2021/10/25

感想・レビューをもっと見る