読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

恋とゲバルト(3) (モーニング KC)

恋とゲバルト(3) (モーニング KC)

恋とゲバルト(3) (モーニング KC)

作家
細野不二彦
出版社
講談社
発売日
2022-05-23
ISBN
9784065279946
amazonで購入する Kindle版を購入する

恋とゲバルト(3) (モーニング KC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

暴力装置を自認する美智子。装置である限り、それを発動する人間の存在を必要とする。人が装置を必要としているのと同時に、装置が人を必要ともしているのだ。「革命は銃声から生まれる」公方の思想は、全共闘という巨大な波を起こしていく。暴力を肯定するその波は、結果的に感情を煽る。全共闘のうねりの、その発生と消滅の必然がそこにある。若者達の苦い季節、しかしまだ、それは始まったばかりであり、苦さよりも甘さが彼らの舌を今は占拠している。

2022/06/14

蝉、ミーン ミーン 眠ス

今回描かれている内容ではどちらかというと権力闘争を楽しんでいたように見えるけど、公方がどこまで本気で活動をしているのかが未だにはっきりとはわからない。

2022/05/26

感想・レビューをもっと見る