読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ホテルクラシカル猫番館 横浜山手のパン職人 (集英社オレンジ文庫)

ホテルクラシカル猫番館 横浜山手のパン職人 (集英社オレンジ文庫)

ホテルクラシカル猫番館 横浜山手のパン職人 (集英社オレンジ文庫)

作家
小湊悠貴
井上 のきあ
出版社
集英社
発売日
2019-05-17
ISBN
9784086802512
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ホテルクラシカル猫番館 横浜山手のパン職人 (集英社オレンジ文庫)」のおすすめレビュー

横浜山手の洋館ホテルで、おいしさあふれるひと時を。女性パン職人の成長を描くお仕事×グルメ×恋愛小説

『ホテルクラシカル猫番館 横浜山手のパン職人』(小湊悠貴/集英社)

 香ばしいパンの匂いが、ページから立ちのぼってくる。バターをたっぷり折り込んだサックサクのクロワッサン、噛むたびに小麦の旨味が広がるフランスパン、新鮮な果物をたっぷり使ったデニッシュ──。

 小料理屋を舞台にした「ゆきうさぎのお品書き」シリーズでは、味の染みた肉じゃが、いくらを乗せた鯛茶漬けなど、“和”のごはんを軸にしたハートフルストーリーを描いてきた小湊悠貴さん。新シリーズ「ホテルクラシカル猫番館 横浜山手のパン職人」(小湊悠貴/集英社)は、前作から一転、“洋”のおいしさにあふれた物語だ。主人公は、23歳の女性パン職人・高瀬紗良。横浜山手の洋館ホテルで働き始めた彼女が、パン作りや接客、スタッフとの交流を通して成長していく姿が描かれる。

 紗良は、これまで何人もの政治家を輩出してきた旧家のお嬢様。祖父母や母は「仕事なんてする必要ない」と箱入りのまま育てようとするが、紗良は反対を押し切って、あこがれのパン職人に。しかし、就職先のパン屋の店主である師匠が病に倒れ、23歳にして職を失ってし…

2021/4/20

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「ホテルクラシカル猫番館 横浜山手のパン職人 (集英社オレンジ文庫)」の関連記事

読書メーター×ダ・ヴィンチ「ライトに文芸はじめませんか? 2021」 レビューキャンペーン開催中&店舗フェアがスタート!

 日本最大級の書評サイト「読書メーター」と、本のポータルサイト「ダ・ヴィンチニュース」が連動し、イチオシのライト文芸、キャラクター文芸作品を紹介する企画「ライトに文芸はじめませんか? 2021」が開催されている。

 3月1日(月)からは、「読書メーター」ユーザーを対象にしたレビューキャンペーンがスタート。キャンペーン対象作品を読み、読書メーターに感想を投稿すると、その中から抽選で各作品につき10名、合計80名に図書カードネットギフト2000円分がプレゼントされる。

 応募の締め切りは3月28日(日)まで。くわしい応募方法に関しては「ライトに文芸はじめませんか? 2021」の特設サイトをチェック。

 そして3月5日(金)からは、全国の対象書店で「ライトに文芸はじめませんか? 2021フェア」が開催中(4月初旬まで)。この機会に選りすぐりのライト文芸、キャラクター文芸を読んで、レビューを投稿しよう!

【対象作品】 『鬼の花嫁~運命の出逢い~』(クレハ/スターツ出版) 『ホテルクラシカル猫番館 横浜山手のパン職人』(小湊悠貴/集英社) 『私立シードゥス学院 …

2021/3/5

全文を読む

読書メーター×ダ・ヴィンチ「ライトに文芸はじめませんか? 2021」 レビューキャンペーンがスタート!

 日本最大級の書評サイト「読書メーター」と、本のポータルサイト「ダ・ヴィンチニュース」が連動し、イチオシのライト文芸、キャラクター文芸作品を紹介する企画「ライトに文芸はじめませんか? 2021」が開催されている。

 3月1日(月)からは、キャンペーン対象作品を読んで読書メーターに感想を投稿すると、その中から抽選で各作品につき10名、合計80名に図書カードネットギフト2000円分が当たる、レビューキャンペーンが実施される。「これは!」と思う作品を読んで、感想を投稿しよう。

 応募期間は3月28日(日)まで。詳細は「ライトに文芸はじめませんか? 2021」の特設サイトをチェック!

 また、レビューキャンペーン開催に伴い、今年は電⼦書籍ストアBOOK☆WALKERでも「ライトに文芸はじめませんか?2021」フェアを実施。キャンペーン対象作品を40%OFFで購入できるクーポンが配布される。フェア実施期間は3⽉4⽇(木)までとなっている。

 さらに、3月5日(金)からは、全国書店を対象に「ライトに文芸はじめませんか? 2021フェア」が予定されている。

【対象作品…

2021/2/15

全文を読む

関連記事をもっと見る

ホテルクラシカル猫番館 横浜山手のパン職人 (集英社オレンジ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鉄之助

横浜、山手のクラシックなホテルのパン職人。舞台は揃っている。突然失業してこのホテルにやってきた主人公の成長の物語だが、実は金持ちの孫娘、という安定の裏設定。コロナ時代に、軽~く読める小説もいいものだ。なんといっても、出てくるパンがどれも香りが立ってきそうでうまそうなのも、良い。

2021/03/25

Aya Murakami

オレンジ文庫5周年フェア 横浜住のツイッターとpixivのフォロワーさんがいるので横浜には一度行ってみたいと思っていました。なので洋館に〇番館とつけるローカルルールは初耳。コロナがおさまって横浜旅行した時に猫番館のことを思い出しながら肉眼で〇番館と付いた洋館を楽しもうと思っています。

2020/02/01

machi☺︎︎゛

まずこうゆう装丁大好き!パン大好き!!読むしかない笑。お師匠さまが倒れて泣く泣く離職したパン職人見習いの紗良。見合いを勧める祖父を宥めてマダム猫ちゃんのいる猫番館にパン職人として就職する。そこには様々な事情のあるお客様がお泊りで、紗良も一人前のパン職人目指して成長していく。猫足のバスタブとかでてきて可愛かった♥️そしてこうゆう本の定番だけど紗良の焼くパンが美味しそうだった!!

2020/03/01

ponpon

雪うさぎシリーズでのお気に入り著者の他作品として手にしました。御嬢様ながらパン職人を志した沙良が、勤めていた店舗の閉店により、横浜山手のクラシカルホテル猫番館に勤めることに。そこでのオーナー夫妻や従業員、そして様々なお客様との出会いによる成長の物語。登場人物は良い人ばかりで、かつ大きな事件が起きるわけでもないが、それ故にホテルの雰囲気を楽しみつつ各エピソードを味わえる。特に師匠がパンの製法を伝える話が良かったかな。箱根や日光等のクラシックホテルを訪れてみたくなります。次巻も読んでみようと思います。

2020/03/12

ツン

本当に好きなことを見つけることができるというのは幸せですよね。

2020/01/29

感想・レビューをもっと見る