読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

さもしい浪人が行く 一 元禄八犬伝 (集英社文庫)

さもしい浪人が行く 一 元禄八犬伝 (集英社文庫)

さもしい浪人が行く 一 元禄八犬伝 (集英社文庫)

作家
田中啓文
出版社
集英社
発売日
2020-09-18
ISBN
9784087441611
amazonで購入する Kindle版を購入する

さもしい浪人が行く 一 元禄八犬伝 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

海猫

「南総里見八犬伝」を題材とした小説はわりと読んでいるけれど、この作品はアレンジの仕方が独特で面白い。八犬士も一部出てくるが、そちらがメインではない。小悪党の乾左母二郎、怪盗・鴎尻の並四郎、妖婦・船虫ら三人が主役。ようはワルが主役の物語。一方で八犬伝の設定を元禄に持ってくる枠組の作り方も上手い。ワル三人組が巨悪に挑んで一泡吹かせる展開が面白く、ルパン三世テイストまで入っていて楽しい。終盤では伝奇的なボスキャラが出てきて波乱を予感させる。次巻どうなるか?八犬士のメンバーもさらに出てきて、お話に絡むのだろうか?

2021/03/11

タイ子

NHKの人形ドラマ「新八犬伝」が元になっているというがドラマは見てないしわかるかいな?と危惧したものの、そこは田中さんの落語的な面白さで全く杞憂に終わりました。さもしい浪人、網乾左母二郎。一言で言うなら悪党、金のためなら手段を問わず、腕は立つし、悪知恵に優れ、度胸もある。仲間は怪盗、妖婦というすごいトリオ。綱吉の娘伏姫を探しに大坂にやってくる。悪党の上をいく悪党たちの陰謀に立ち向かう3人。2話目の山賊たちとの戦いもカッコ良くて面白い。八犬士が小出しに登場するのが楽しみな今後である。新シリーズ始動!

2020/10/18

きょん

元禄時代の大阪を舞台に、浪人網乾左母次郎と盗人鴎尻の並四郎、妖婦船虫トリオが犬士たちと大暴れする「新八犬伝」+「ルパン三世」なんですね。悪党を自認しながらも彼なりの矜持があるのが爽快。黒幕らしき亡霊も登場し、いよいよ辻村ジュサブローさんの人形的なおどろおどろしい雰囲気が出てくるのかな?

2020/10/22

Norico

八犬伝とルパン3世が合体して、元禄時代で悪人をこらしめる物語。主役?は、網乾左母次郎、剣の腕はめちゃくちゃすごいのに、さもしい悪事を繰り返す浪人。気楽にすかっとしたい時によい。

2020/11/21

小梅さん。

田中啓文版里見八犬伝の開幕! 佐母二郎のキャラにまずびっくり。 主人公なのに、ああいう登場?! さすが田中啓文さん、ぶっとんでるー。 相棒?の泥棒並四郎や妖婦船虫との掛け合いも楽しい。 並四郎を宿敵として追いかける鬼右衛門のキャラも好き。 解説にもあるけど、この辺の関係があのアニメ、まんまなのがまた楽しくて。名字が「滝沢」なのも、もちろん意味があるんだろうな、とわくわくする。

2021/03/25

感想・レビューをもっと見る