読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ミャンマーの柳生一族 (集英社文庫)

ミャンマーの柳生一族 (集英社文庫)

ミャンマーの柳生一族 (集英社文庫)

作家
高野秀行
出版社
集英社
発売日
2006-03-17
ISBN
9784087460230
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

【電子版特別カラー写真収録】探検部の先輩・船戸与一と取材旅行に出かけたミャンマーは武家社会だった! 二人の南蛮人に疑いを抱いたミャンマー幕府は監視役にあの柳生一族を送り込んだ。しかし意外にも彼らは人懐こくて、へなちょこ。作家二人と怪しの一族が繰り広げる過激で牧歌的な戦いはどこへ…。手に汗握り、笑い炸裂。辺境面白珍道中記。電子版には特典写真10点を追加収録。

ミャンマーの柳生一族 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

奇妙な、そしてふざけたタイトルに見えるのだが、そこにこそ高野秀行の真骨頂があるのだろう。そして、ミャンマーの実態はことほどさように把握しにくいのだろう。単純に軍政vs民主派スーチーではないのだ。柳生一族との比喩はともかく、ミャンマーを伝えようとの工夫には敬服する。そして、ミャンマー最辺境のワ州レポートにも。高野秀行のこのレポートはは世界の誰にも伝え得なかったミャンマーを、まさに極私的に(それは案外にも普遍的なのだが)伝える、極めて貴重な報告なのではないだろうか。

2016/05/03

タカユキ

高野さんと早稲田大学探検部の先輩の船戸与一さんによる取材記。2004年当時の鎖国状態の軍事政権下のミャンマーを江戸幕府に例え、旅行中に監視役としてピッタリとつきまとった人々を柳生一族と称して話は進んでいく。普通の取材旅行なのに高野さんが参加した時点で、いつも通りに面白くなっている!そして柳生一族のポンコツぶりもあり珍道中になってしまう!当時の状況でもミャンマーの人々はのどかな雰囲気。外から見て暗黒時代でも、その状態に慣れ当たり前のように過ごす事が出来る。人の強さを感じました!

2017/06/13

honyomuhito

そのうちに見なければいけない映画リストにずっと入っている「柳生一族の陰謀」。あの高野氏がミャンマーを舞台に、この映画に擬して書いた本があると知っては、読まずにいられない。ミャンマーの柳生一族(軍事政権の情報部)のアテンドで旅行することになった高野氏。どんな厳しい監視と検閲を受けるのかと、ミャンマーに赴くが、柳生一族たちは、実は、、。「柳生眠たし」「柳生仕事すべし」「柳生の怠慢」外で読むとニヤニヤが止まらなくなるので、要注意。https://chirakattahondana.com/ミャンマーの柳生一族/

2018/08/29

HoneyBear

これは痛快な旅行記。船戸与一とミャンマーへ取材旅行。ミャンマーを江戸時代と捉える目線は秀逸。ミャンマー情勢の見方が変わる。

2013/12/24

Shoji Kuwayama

ミャンマーの一風変わった旅行記といえばいいのかな。ミャンマーの文化や生活の様子をレポートしていますが、ミャンマーの国体や政情を揶揄して江戸時代の幕藩体制になぞらえて紹介しています。アイデアはいいと思いますが、一部ではミャンマーの民度を蔑んでいるかのような感覚に陥った。人々の目は深く澄み、慈しみ深い仏教国だと思っているので、あまりいい気はしなかったな。

2016/09/14

感想・レビューをもっと見る