読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

STEEL BALL RUN vol.9―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (9) (ジャンプコミックス)

STEEL BALL RUN vol.9―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (9) (ジャンプコミックス)

STEEL BALL RUN vol.9―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (9) (ジャンプコミックス)

作家
荒木飛呂彦
出版社
集英社
発売日
2006-09-04
ISBN
9784088741475
amazonで購入する Kindle版を購入する

STEEL BALL RUN vol.9―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (9) (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

17

Dioに競り勝ち、「キャッチ・ザ・レインボー」のブラックモアの追撃も振り切って「脊髄部分」を手に入れた。ルーシーの勇気と「オー!ロンサム・ミー」のマウンテン・ティムの正義に拍手!

2012/12/08

Y2K☮

衝動的に8巻から続けて再読。そう「男の世界」だ。リンゴォの思想は一見刹那主義的なニヒリズムのようで、しかし生長を求めている点が異なる。修行。ならば命を懸けた果し合い以外の「男の世界」もあるはず。ジャイロの決断は答えのひとつ。あえて誰もが選びたがる最短コースを他人に譲り、厳しい道を選ぶ。だが同時にそこは他の誰でもない自分にとって心地良いルート。自分のためだけのルート。それが他人と被っても関係ない。なぜなら先行者のミス待ちや受身の対応でなく、己の強い意志で選んだラインだから。光輝く道が視えてくる。もうすぐだ。

2019/03/16

マウンテンティム男らしいな!!次巻が気になる終わり方。

2014/02/01

かにひろ

スティール夫人大活躍の巻。ブラックモアのキャッチザレインボーこわい。雨に打たれて死にたくない。マウンテンティムは禁断の恋する女のため、よく頑張った。「帰る場所が欲しかっただけさ。旅に出たら帰る場所がな...」孤高のカウボーイの儚い想い。ジャイロツェペリが「やれやれだぜ」って言ってるってことは、そういうことなんですか。って僕気づくの遅いですか。遺体の脊椎はジョースターの中へ。ブラックモアが会った遺体のあの方は、あれですか。トゲトゲの髪飾りからして、あの方ですか。

2013/08/29

あーちゃん♪

ルーシーの行動力、さすがスティールという姓をもつ娘だ!!マウンテン・ティム、最後まで格好よすぎる!さすがカウボーイだ☆二人の抱き合うシーンが綺麗。「あなたは他の男のものです。しかしあなたの役に立ちたい」男前すぎ☆そして、脊椎までの競り合いがすごく好き、光の中へ入るシーン、ジョニィを殴る所、そして謝る所、全て素晴らしい!

2013/06/29

感想・レビューをもっと見る