読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

風が強く吹いている 2 (ヤングジャンプコミックス)

風が強く吹いている 2 (ヤングジャンプコミックス)

風が強く吹いている 2 (ヤングジャンプコミックス)

作家
海野 そら太
三浦しをん
出版社
集英社
発売日
2008-06-19
ISBN
9784088774640
amazonで購入する

風が強く吹いている 2 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みかん🍊

寛政大学陸上部始動、初の記録会参加と徐々に駅伝に向けて動き出すメンバーたち、カケルの高校時代のライバル、チビの榊やパゲの藤岡も登場します、一人でずっと走ってきたカケルも少しずつ変わって行く、謎の多いハイジですが、みんなを信頼しみんなから信頼される人物です。悩めるニコチャン先輩もいいですね。

2014/12/28

エンブレムT

登場人物の過去のトラブルや挫折、現在の努力と心情が丁寧に描かれ、物語の深みがグッと増した気がします。レースシーンの迫力は圧巻。個人的には、ハイジさんの本心の読めない笑顔がすんごく魅力的。

2009/11/14

緋莢@感想お休み中

「長距離選手にとって一番のほめ言葉は〝強い”」。この物語の肝となる言葉が冒頭からいきなり登場します。寛政大学陸上部が始動し、記録会へ。記録会が行われる東体大で 走は高校時代の同級生で、因縁のある榊と再会します。原作とアニメだと、東体大の選手で描写されるのは榊ぐらいですが、このマンガだとマネージャーの松平、仙台城西出身の先輩・古賀が出てきて、原作とは違った面白さを生む要因となっています。後、六道大の藤岡がスキンヘッドなんですが、走、本人に言ってない(言いかけたけど)とはいえ、パゲはひでーよw

2019/02/08

二冊目。榊が原作や映画に比べて、素直な子になってる。憎たらしいけど、皮肉っぽくない(笑)

2011/03/05

ちはや@灯れ松明の火

速さよりも強さを目指して走る。素質を有しながら走りと無縁に生きてきた者がいれば、走ることを愛しつつも天賦の才の壁にぶつかり続けた者もいる。自分が信じ選んできた道の正しさに対する疑念が頭をもたげ、喜びを得るための苦しさに押し流され諦めそうになる。それでも走るのを止めない。長距離走は基本個人競技、でもチームメイトの応援が前へ前へと背中を押し、自分の先を走る強敵の後姿が闘志に火をつける。『がんばれ』、走る強さに変わるその言葉と、それをくれる仲間がはじめてできた。ずっと欲しかったんだと、今頃気がついた。

2010/01/01

感想・レビューをもっと見る