読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

三浦しをん

職業・肩書き
作家
ふりがな
みうら・しをん

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1976年、東京都生まれ。2000年『格闘する者に○』でデビュー。06年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞を、12年『舟を編む』で本屋大賞を受賞。著書に『風が強く吹いている』『神去なあなあ日常』『あの家に暮らす四人の女』など。『悶絶スパイラル』『本屋さんで待ちあわせ』など、エッセイ集も多数。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

2006年
『まほろ駅前多田便利軒』第135回直木賞
2012年
『舟を編む』第9回本屋大賞
2015年
『あの家に暮らす四人の女』第32回織田作之助賞

「三浦しをん」のおすすめ記事・レビュー

「2019年本屋大賞」決定!! 大賞は瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』 全ノミネート作の順位を発表!

「2019年本屋大賞」決定!! 大賞は瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』 全ノミネート作の順位を発表!

 全国の書店員が選ぶ、いま一番売りたい本を決める「本屋大賞2019」の受賞作が決定した。

 16回目となる今回のノミネート作品10作の中から大賞に選ばれたのは、瀬尾まいこ氏の『そして、バトンは渡された』(文藝春秋)!

■2019年本屋大賞受賞作 『そしてバトンは渡された』(瀬尾まいこ/文藝春秋)

レビュー全文を読む

関連記事「今月のプラチナ本」

 翻訳小説部門では『カササギ殺人事件(上・下)』(アンソニー・ホロヴィッツ:著、山田 蘭:訳/東京創元社)が選ばれた。

レビュー全文を読む

■気になるその他のノミネート作品は――

■2位 『ひと』(小野寺史宜/祥伝社)

■3位 『ベルリンは晴れているか』(深緑野分/筑摩書房)

■4位 『熱帯』(森見登美彦/文藝春秋)

レビュー全文をこちら

■5位 『ある男』(平野啓一郎/文藝春秋)

■6位 『さざなみのよる』(木皿泉/河出書房新社)

■7位 『愛なき世界』(三浦しをん/中央公論新社)

レビュー全文をこちら

■8位 『ひとつむぎの手』(知念実希人/新潮社)

レビュー全文をこちら

■9位 『火のないところに煙は』(芦沢央/新潮…

全文を読む

三浦しをんのあふれる好奇心と読書愛!「人生で初めて、“男”に夢中になって本が読めなくなった(笑)」

三浦しをんのあふれる好奇心と読書愛!「人生で初めて、“男”に夢中になって本が読めなくなった(笑)」

 2006年に刊行された、本&カルチャーにまつわるエッセイ『三四郎はそれから門を出た』。三浦しをんの「好き」と「好奇心」が爆発する、笑いと感動のつまった名作が装い新たに復刊! これを記念し、三浦しをんさんにインタビューを行った。

■10年以上の時を経て、人気エッセイが新装版で復刊!

――ご自身でも改めてお読みになった感想はいかがでしたか。

三浦しをん(以下、三浦) やっぱり十数年も経つと、考え方や物の見方が変わるものですね。社会も、私自身も。当時はひっかからなかったけれど今はNGだな、と思う表現はいくつかありました。ただ、一度本になった以上、読んで傷ついたり嫌な気持ちになったりした方がすでに存在しているはずで、それは今、表現を変えたからといって消えるものではない。どうしても嫌だと思ったところは一部、変えさせていただきましたけど、自分が書いてしまったことですから反省すべき点はしつつ、基本的には以前のままの文章を収録しています。

――たとえば、どのあたりがNGだと思われたのでしょう。

三浦 そうですね……。「男に愛される女、女に愛される女」とか。女性同士の分…

全文を読む

気になる大賞はどの作品に!?「2019年 本屋大賞」ノミネート10作品発表!

気になる大賞はどの作品に!?「2019年 本屋大賞」ノミネート10作品発表!

2019年1月22日(火)、全国の書店員が選んだ一番売りたい本「2019年本屋大賞」のノミネート作品が発表された。

 今年の「2019年本屋大賞」は全国の493書店、書店員623人の投票によりノミネート作品を選出。ノミネートされたのは以下の10作品だ。

■2019年本屋大賞ノミネート10作(作品名五十音順)

『愛なき世界』(三浦しをん/中央公論新社)▶【レビュー全文はこちら】

『ある男』(平野啓一郎/文藝春秋)▶【レビュー全文はこちら】

『さざなみのよる』(木皿泉/河出書房新社)

『そして、バトンは渡された』(瀬尾まいこ/文藝春秋)▶【レビュー全文はこちら】

『熱帯』(森見登美彦/文藝春秋)▶【レビュー全文はこちら】

『ひと』(小野寺史宜/祥伝社)

『ひとつむぎの手』(知念実希人/新潮社)▶【レビュー全文はこちら】

『火のないところに煙は』(芦沢央/新潮社)▶【作者インタビュー記事はこちら】

『フーガはユーガ』(伊坂幸太郎/実業之日本社)▶【レビュー全文はこちら】

『ベルリンは晴れているか』(深緑野分/筑摩書房)

 気になる大賞発表は4月9日(火)。ノミネート作を読み…

全文を読む

橘ケンチと三浦しをんがファン100名と『舟を編む』を語り合う――たちばな書店presents「読後会」レポート

橘ケンチと三浦しをんがファン100名と『舟を編む』を語り合う――たちばな書店presents「読後会」レポート

「国際文芸フェスティバルTOKYO」11月22日から主催イベントスタート。先行サテライトイベントたちばな書店presents『舟を編む』読後会が大盛況!

 11月22日(木)〜25日(日)をコア期間として「国際文芸フェスティバルTOKYO」が開催される。「海外・国内の文芸作品(およびそこから派生する多様なコンテンツ)の魅力を、さまざまな切り口で紹介し、文芸を盛り上げていくフェスティバルイベント」であり、国内外の作家・識者の講演や、バスツアーなど読者参加型のイベントも多数行われる。

 そのサテライトイベントのひとつとして、11月12日に行われたのが、たちばな書店presents「三浦しをん(著)『舟を編む』」読後会だ。「たちばな書店」とはEXILEのパフォーマーであり、読書家としても知られる橘ケンチさんが主宰する、「本を通してたくさんの方々と価値観を交換して、共有する “広場”」であるモバイルサイト。「読後会」は、たちばな書店初の試みで、「読んだ本に関して思いを語り合ったり、作者の方に質問したりできる場を作りたい」という橘さんの提案で実現した。

 課…

全文を読む

村上春樹の海外進出のきっかけを作った伝説の編集者他のトークイベントや文豪の魅力満喫のバスツアーなど――「国際文芸フェスティバルTOKYO」開催!

村上春樹の海外進出のきっかけを作った伝説の編集者他のトークイベントや文豪の魅力満喫のバスツアーなど――「国際文芸フェスティバルTOKYO」開催!

 2013年~2016年開催の「東京国際文芸フェスティバル」のマインドを継ぐ「国際文芸フェスティバルTOKYO」(主催:文化庁、一般社団法人リットストック)が、11月22日(木)〜25日(日)をコア期間に開催する。

 本フェスティバルでは、海外・国内の文芸作品の魅力を、さまざまな切り口で紹介。国内外の本に携わる人、読者の交流を通して日本の読書界・出版界の活性化に寄与することを目指しているという。

 主催イベントとしては、5つのテーマを設けており、同時期開催の「ヨーロッパ文芸フェスティバル」も招待イベントとして連動、加えて、一般参加のサテライトイベントも数多く開催される予定だ。会場は、神保町にできたばかりの日本出版クラブビル、日本近代文学館、国文学研究資料館など。無料企画も多数あり、現在、参加者募集中。さまざま側面から文芸に触れる文芸フェスで読書の秋を満喫しよう。

■主催イベント

●国際イベント「国境・言語を超えるブンガクとは? 」 ~伝説の編集者・翻訳者が語る、世界文学が生まれる現場~ 11月22日(木)19:00~  日本出版クラブビル 3Fホール

全文を読む

私たちには、三浦しをんさんがいる!

私たちには、三浦しをんさんがいる!

編集Y・S

日本全土の三浦しをんさんファンの方々、お待たせしました。 5年ぶりにしてダ・ヴィンチ渾身の、大ボリューム特集をお届けします。

ページ数は、まあいつもの特集くらいなのですが、密度が、熱量が、そして語られていることの厚みがすごい!

皆さまご存知のとおり、三浦さんってトークもむちゃくちゃ面白いんです。 インタビューも対談も、盛り込みたいことが多すぎて削れませんでした。文字多すぎじゃない?とも言われましたが、多すぎない。読んどくれ‼︎

今回の特集では、今年刊行された新作『ののはな通信』と、9月10日刊行の『愛なき世界』の2作品に軸足を置きつつ、文庫版が発売され大人気の『あの家に暮らす四人の女』をはじめ、いまこそ読んでほしい三浦しをん作品をありとあらゆる角度から掘り下げています。

目玉はですね、対談が3つもあるんですよ。 日テレの人気アナ・桝太一さん、WEB連載も話題の雁須磨子さん、『大家さんと僕』で大注目の矢部太郎さん。いずれも初対面とは思えぬほど、生きること、他者を愛することの深部に触れんとする対話が交わされてゆき、立ち会っている私たちも大興奮。だ…

全文を読む

安田顕が表紙の『ダ・ヴィンチ』2018年10月号【目次】

安田顕が表紙の『ダ・ヴィンチ』2018年10月号【目次】

●特集1 いま私たちに必要な物語を紡ぐ作家 三浦しをん大特集

◎“好奇心”のおもむくまままに [対談]桝 太一×三浦しをん ◎新作『愛なき世界』三浦しをんインタビュー ◎“女性”を生きる [対談]雁 須磨子×三浦しをん ◎女性たちの愛の物語『ののはな通信』を男が読む 岸見一郎、橘 ケンチ、穂村 弘 ◎親愛なるあの人からの手紙 クラフト・エヴィング商會、下村富美 ◎“誰か”と暮らす [対談]矢部太郎×三浦しをん ◎カリスマ書店員・新井見枝香がオススメ あなたに効く、三浦しをん ◎愛の鉱脈を探し求めて三浦しをんロングインタビュー

●特集2 主演映画『愛しのアイリーン』公開記念 “怪物俳優”安田顕、徹底解剖!

◎40代ブレイクにて、彼の眼に映る景色は変わったのか? 『北海道室蘭市本町一丁目四十六番地』からの俳優人生 俳優・安田 顕の解体新書 ◎そして、今月いよいよ主演映画が公開! 『愛しのアイリーン』インタビュー ◎アンケート発表 ファンが選んだ「このヤスケンが好きだ!」 ◎クリエイターが見る俳優像 [特別対談]監督・福田雄一×俳優・安田 顕 ◎秘蔵エピ…

全文を読む

「号泣するだろうなぁ…」三浦しをん『風が強く吹いている』待望のアニメ化にファン大興奮

「号泣するだろうなぁ…」三浦しをん『風が強く吹いている』待望のアニメ化にファン大興奮

『風が強く吹いている』(三浦しをん/新潮社)

 箱根駅伝に挑む大学生たちの姿を描いた小説『風が強く吹いている』のテレビアニメ化が決定。映画「桐島、部活やめるってよ」で脚本を務めた喜安浩平がシリーズ構成・脚本を務めることも判明し、「ついにアニメ化か!」「今から楽しみ」「映画の脚本家を起用って、どんな効果が生まれるんだろう」と歓喜の声が続出している。

 三浦しをん原作の同作は、清瀬灰二と天才ランナー・蔵原走の出会いで始まる物語。灰二と走は箱根駅伝に青春を捧げ、たすきを繋ぐことで仲間たちとも繋がっていく。自分の限界に挑みながら「速く」ではなく「強く」なっていく“純度100パーセントの疾走青春小説”だ。

 原作ファンはアニメ化に興奮を抑えられないようで、ネット上には「ずっと前から好きな小説のアニメ化とかほんと感動する!」「三浦しをんの作品で一番好き! アニメでも号泣するだろうなぁ…」「原作すごく好きで好きでさぁ… 灰二さんが泣けてさぁ…」などの声が。

 また同作は2009年に実写映画化されており、ドラマ「おっさんずラブ」出演で話題の林遣都が主演を務めていた。今回…

全文を読む

「三浦しをん」のおすすめ記事をもっと見る

「三浦しをん」のレビュー・書評をもっと見る

「三浦しをん」の関連画像・写真

「三浦しをん」の関連画像・写真をもっと見る