読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

スピナマラダ! 4 (ヤングジャンプコミックス)

スピナマラダ! 4 (ヤングジャンプコミックス)

スピナマラダ! 4 (ヤングジャンプコミックス)

作家
野田サトル
出版社
集英社
発売日
2012-07-19
ISBN
9784088793733
amazonで購入する Kindle版を購入する

スピナマラダ! 4 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まゆまゆ

姑息なプレーを連発する雪花高校との試合、だんだんと強くなってくる1年生たちにワクワク。色々と乗り越え、だんだんと二瓶さんの地獄の練習メニューにも耐性(?)が出来てきた朗たち1年生。次は全国高校選抜。そういえば、道南出身で訛りが強く、幼なじみに通訳してもらってるキャラがいるけど、完全に…少尉??笑 色々引き継がれてるんだなあ。

2020/02/24

北白川にゃんこ

魅せてくれるよなあ。ナイッシュー!

2018/06/27

紫雲寺 篝

不良高校である雪花高校との対決。ラフプレーの応酬に1年生チームはどう戦うのか!?そして、全国高校選抜では、前回の雪辱を果たすべく、ついに勇払は清里と再びぶつかる……!!ベタなラフプレー試合。しかし、勇払側がキーパーを守る為、冷静にペナルティをする展開は熱かったな。そして遂にロウが大活躍。あの見開きの動きは彼ならではという感じでとても良かった。そして度々描かれるケンゴの葛藤のシーンも、ちゃんと終着点を見つけられて良かった。あとこの人ギャグは顔芸くらいしか面白いと思わなかったが、ピザはなかなか良かった。

2017/03/25

yom

メットのせいもあって誰が誰で、誰がどういうキャラクターか漠然と読んでしまう。それに伴って戦局もなんとなく掴めないまま試合が終わってしまう感。読み返せば理解出来るんだろうけど、一読しただけでは、どこに注目して読み進めればいいか分からない恐れ。とはいえ面白い。

2019/06/26

alleine05

ひさびさの試合だけどホッケーってメットかぶるからだれがだれだかわかりづらいな。剣道などを題材にした作品と一緒で。早くも再戦が実現したのは6巻で終わりということを知っているとこのころから巻きが入っているのかなと感じる。

2016/06/25

感想・レビューをもっと見る