読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ジョジョリオン 16 (ジャンプコミックス)

ジョジョリオン 16 (ジャンプコミックス)

ジョジョリオン 16 (ジャンプコミックス)

作家
荒木飛呂彦
出版社
集英社
発売日
2017-09-19
ISBN
9784088812335
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジョジョリオン 16 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

❁かな❁

前半のドロミテのスタンド攻撃はやっぱり怖かったぁ!康穂ちゃんは頼もしくて素敵!花都の服役の理由もやっとわかる。植物鑑定人・豆銑礼の暮らしぶりにびっくり!ジョジョの全部の部に魅力的な登場人物が沢山いるけど、ジョジョリオンの中では定助が好き♡惚けてるところがあるけど、男らしくて頼り甲斐があるし、なんと言っても美味しいものを食べた時の素直なリアクションが大好き♡めっちゃ可愛いー♡「ンまあああああいッ‼︎」最高♫私もイチゴとロマノフクリーム食べてみたい♡豆銑礼のラストの行動で康穂ちゃん心配。どうなるんだろう??

2017/12/08

ヘビメタおやじ

久しぶりに康穂ちゃんが活躍、うれしいです。ロカカカを狙う組織の存在という新たな謎も出てきて、次巻が待ち遠しいです。新たなスタンドも2種類出てきてワクワクです。康穂ちゃんの運命は?知りたいという思いで読了です。

2018/01/29

眠る山猫屋

ドロミテのゾンビ化攻撃を辛くも突破し、植物鑑定人と合流することに成功した定助と康穂。植物鑑定人・豆銑礼さん、約束厳守を押し付けてくる変わり者だけれど、信念を見せつければ仲間になってくれるのが、ジョジョのお約束!!康穂を救ってこの場を切り抜ければ、認めてくれるんじゃないですかぁ~

2017/09/21

Y2K☮

高く舞い上がったその先。長年続く本物の名作はビギナーをどこからでも受け入れる懐の深さを備えつつ、ずっと追い続けているファンにしか分からぬニヤリと来る喜びも忘れない。行きつけの店のマスターが新規のお客様と談笑しつつ、こっそり常連さんに一品サービスしてくれる様に。テーマが森博嗣のWシリーズと少し重なってきたのも興味深い。「あぶさん」「こち亀」に続き「浮浪雲」も本日終わってしまった。でもジョジョはまだまだ行けるはず。にしても話の区切り方や日常から非日常への唐突な切り換えの間が本当に素晴らしい。もはや名人芸です。

2017/09/20

トラシショウ。

触れた生物をゾンビ化して目標に向かわせる、ドロミテのスタンド「ブルーハワイ」の攻撃の顛末から、その口から語られるロカカカの果実の秘められた効力、その力を狙う者達についての開示を経て、合理性を重んじる植物鑑定士にしてスタンド使い・豆銑礼(まめずく・らい)と共に挑む山中のリフト上での未知の敵スタンドとの戦いの導入まで。新キャラの豆銑さん、住処や性格や能力に至るまで、シリーズを通して読んでいるほど、様々なこれまでのキャラを想起させるパッチワークの様な造形が何ともユニーク。そしてまた凄いヒキ(以下コメ欄に余談)。

2017/09/22

感想・レビューをもっと見る