読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あどりぶシネ倶楽部 (ビッグコミックス)

あどりぶシネ倶楽部 (ビッグコミックス)

あどりぶシネ倶楽部 (ビッグコミックス)

作家
細野不二彦
出版社
小学館
発売日
0000-00-00
ISBN
9784091811615
amazonで購入する Kindle版を購入する

あどりぶシネ倶楽部 (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

サンダーバード(読メ野鳥の会怪鳥)

京都の漫画ミュージアムで久しぶりに読んだ。大学で自主制作映画を撮る四人プラス1名の青春群像劇。短編集、1巻のみの漫画だし、細野不二彦さんの漫画としてはマイナーな作品だと思うけど、個人的には凄く好き。青春モノコミックの傑作だと思います。実家のダンボール箱に眠っているはずなのだが……。★★★★★

2016/05/06

いおむ

既読済みです。

2017/02/12

コリエル

映画研究会で、出口がみえないながらも映画を作り続ける5人の男女。これを描いた頃は細野自身も若く、何かを生み出していくことへの切実さや焦燥のようなものが熟練して以降の作品よりも如実に表されているように思える。

2018/10/14

とりもり

ブックオフで見かけて、20数年ぶりに再読。細野不二彦の作品はどれも好きだが、その中でもこの作品は一番好きだった。全一巻ということもあるのか、非常にテンポの良いストーリーが展開する。そして何より、脇役も含めて非常に魅力的な登場人物達。ずっと続編が読みたいと思っていたのだが、再読して「やはりこの作品はここで終わっているからこそ、余韻があっていいんだ」と思えるようになった。でも、やっぱり続編が読みたいな。そう思える大傑作です。★★★★★

2014/09/28

noppo

一話完結のお話のどれもが、薄暗くほの明るく、 胸しめつけられる青春模様。 高校生の頃にはじめて読んで、 大人っぽいけど、みんな何かに夢中になってもがいてる、 こんな仲間達との大学生活にすごく憧れた。 そういう人は多いと思うけど、 この作品と、同じく細野先生の「Blow up!」は、 永遠に青春時代の金字塔です!

2015/07/07

感想・レビューをもっと見る