読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

きみは「3.11」をしっていますか?: 東日本大震災から10年後の物語

きみは「3.11」をしっていますか?: 東日本大震災から10年後の物語

きみは「3.11」をしっていますか?: 東日本大震災から10年後の物語

作家
細野不二彦
平塚 真一郎
井出明
河北新報社
出版社
小学館
発売日
2021-02-17
ISBN
9784092272439
amazonで購入する Kindle版を購入する

「きみは「3.11」をしっていますか?: 東日本大震災から10年後の物語」のおすすめレビュー

親子で知る“東日本大震災から10年後の物語”──「3.11」の記憶を風化させないために語り継ごう

『きみは「3.11」をしっていますか? 東日本大震災から10年後の物語』(細野不二彦:著、平塚真一郎:著、井出明:著、河北新報社:著/小学館)

 2021年3月11日で、あの2011年3月11日に発生した「東日本大震災」から10年となった。メディアでは連日、追悼番組や検証番組が放送されたが、1週間も過ぎればほとんど取り上げられなくなった。現在はコロナ禍でもあり、やむを得ないことなのかもしれないが、それでもやはり10年の経過による「記憶の風化」を感じてしまう。特にいわれているのが、震災を知らない世代にどう伝えていくのか、ということだ。『きみは「3.11」をしっていますか? 東日本大震災から10年後の物語』(細野不二彦:著、平塚真一郎:著、井出明:著、河北新報社:著/小学館)では、子供たちに震災のことを正しく知ってもらうため、漫画や新聞社のデータなどを使って分かりやすく「3.11」を伝えている。

 本書は基本的に、震災を知らない世代のために作られているので、まえがきなどのメッセージも子供向けに発信されている。本文の文字も大きめで、漢字にはすべてふりがな…

2021/4/7

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

きみは「3.11」をしっていますか?: 東日本大震災から10年後の物語 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

モモ

東日本大震災当時、まだ幼かった小中学生に向けた一冊。石巻市の石ノ森萬画館での出来事の漫画が、あの日のことがよく伝わり、また辛い。その後の大川小学校の遺児の父である平塚さんの話に涙が止まらない。娘さんが亡くなってから色のない世界を生きてきた平塚さん。いつしか娘さんに「ありがとう」と言えるまでの日々が尊い。震災のこと、亡くなった一人一人のことを忘れてはいけない。多くの人に読んでもらいたい一冊。

2021/11/23

感想・レビューをもっと見る