読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アンダークラス

アンダークラス

アンダークラス

作家
相場英雄
出版社
小学館
発売日
2020-11-11
ISBN
9784093865975
amazonで購入する Kindle版を購入する

アンダークラス / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

相場 英雄は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。『震える牛』シリーズ第3弾は、外国人技能実習生の闇、Amazonをモデルにした社会派ミステリでした。日本が、世界でもアジアでも国力が落ちて来ているのは顕著です。読んでいて辛くなりました。下層階級というよりは、没落国家、50年後は中国の属国に成り下がっているかも知れません。11月は本書で読了です。

2020/11/30

いつでも母さん

『震える牛』シリーズ第3弾!あの田川刑事に又、会えた。今回も苦しい読書になった。この国の先を思うと何度も暗くて重くて・・不安ばかりが私の胸を覆うのだ。【技能実習生】もうこの方々の存在が無ければ現場は回っていかない現実があるよね(泣)「金持ちか、貧乏人かー」ドキリとする言葉だ。「とっくに日が沈んだ国」かぁ。特別贅沢に暮らしている訳じゃないのに…普通の暮らしが続いてくれたらと思うだけなのに…その普通が足元からぐらついているのだなぁ。今回も田川の地道な捜査が光る、読み応えのある作品だった。

2020/11/30

しんたろー

田川シリーズ第3弾は、ネット企業に席巻されている日本の現状を外国人技術実習生の実態も絡めて描いた重い社会派。『震える牛』程の衝撃はなかったが「沈みゆく日本」へ真摯に警告を発する姿勢は変わらず、とても読み応えがあった。仕掛けであるタイムサスペンスが、大して効果的に感じない点と主要登場人物が繋がり過ぎの点が惜しかったので、ページ数が増えても良いので、被害者・ベトナム人・犯人たち、彼らのドラマをもっと読みたいと思った。キャリア・樫山のキャラが良かったので、田川の定年前に再度コンビを組んでの第4弾をお願いしたい♬

2021/05/03

mariya926

この本も怒涛の一気読みでした。田川刑事のシリーズは『震える牛』から3冊目ですが、もっともっとお願いします。今回はキャリアの樫山さんと一緒にベトナム人アインが自殺を助ける犯罪を調べることに…。今までは田川刑事が粘り強く調べる時間がありましたが、今回は10日間ですべてを調べあげなければいけないというドキドキのタイムリミットがありました。相場さんは経済系なので、今の日本の経済状態、世界の経済状態、また外国人技術実習生や中小企業、外資系企業のやり方など現実を突きつけられました。

2021/04/25

修一郎

田川さんシリーズの第三弾。鑑どり名人田川さんの職人芸を今回も堪能しました。イオンモール焼き畑商法のお話の時もそうだったけれど,小売業界の衰退を「ア〇ゾン」の台頭だけを犯人扱いして論じるのはちょっと強引だと思う。ゾ〇タウンはなぜか高評価なのにね。この描き様だと日本全体が下層階級化していることが諸悪の根源だというよりは,悪い奴が悪いということじゃないかね。犯行も動機も短絡的でなんじゃそりゃだし,このシリーズは田川さん中心で書いていただければいいです。日本社会全体の批判はほどほどでいいので。

2021/01/11

感想・レビューをもっと見る