読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

空母いぶき (11) (ビッグコミックス)

空母いぶき (11) (ビッグコミックス)

空母いぶき (11) (ビッグコミックス)

作家
かわぐちかいじ
惠谷治
出版社
小学館サービス
発売日
2018-12-27
ISBN
9784098601592
amazonで購入する Kindle版を購入する

空母いぶき (11) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

海戦が中心で、潜水艦の活躍がかなりあります。昔読んだ同じ著者の「沈黙の艦隊」を思い出しました。またこれらとは別に政治の世界では米中が何やらきな臭い相談をしています。次の巻では陸上部隊が活躍するのでしょうね。

2019/01/10

momogaga

レンタル。潜水艦の活躍を夢中で追っていた。もっと冷静に読まなければ。気になることは、外交、政治、マスコミの存在感のなさ。そういえば、明日の区議会選挙も気になります。6割近い人が投票権を棄権するとは。ベストな選択は無いが、主権者としての意思は示したい。

2019/04/20

Hitoshi Mita

潜水艦同士の戦闘は目に見えない分怖さ倍増ですね!緊張感が半端ない!アメリカの対応とか本当にこういう態度とりそうと思ってしまった。

2019/02/28

むっきゅー

全面戦争を回避するため、東シナ海と国連でギリギリの攻防を展開する我が国。軍事的優位に立つため、あえて撃沈させずに敵の戦闘力のみを喪失させる作戦に手を汗握る今巻。特に後半の、大陸棚に展開する中国艦隊に潜水艦で攻撃する際の神業的な錬度には畏れ入った。現実でも、ペンスの演説の通りアメリカは中国との対決を決意し、マティスを解任してまで中東から手を引き始めた。いよいよリアルさが増してきたなぁ...。

2018/12/29

future4227

潜水艦バトル再び。電子制御が当たり前の最新兵器の中で、アナログ戦法が意外に強い。太平洋戦争ではみんなアナログで戦っていたかと思うと、当時の人たちは凄いな。そして潜水艦乗りは理系の人じゃないと無理。文系の私が艦長なら、間違いなく複雑な計算をしている間に撃沈されるわな。

2019/07/08

感想・レビューをもっと見る