読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

空母いぶきGREAT GAME (8) (ビッグコミックス)

空母いぶきGREAT GAME (8) (ビッグコミックス)

空母いぶきGREAT GAME (8) (ビッグコミックス)

作家
かわぐちかいじ
八木 勝大
潮 匡人
惠谷治
出版社
小学館
発売日
2022-09-30
ISBN
9784098614202
amazonで購入する Kindle版を購入する

空母いぶきGREAT GAME (8) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mitei

いつもあの国にしか通用しない理屈で侵略してくるなぁ。 宗谷海峡とて戦場になるだろな。

2022/10/08

saga

占拠された2つの基地から解放された隊員の屈辱。日本の国連大使の毅然とした態度。様々な要素を描き、最終的に柳沢総理の防衛出動という英断に繋がる。いぶきを中心とする第5護衛隊群が、総理の意をくんでロシア艦隊と対峙し、とうとう戦闘状態に入った。政治から軍事への展開が小気味よい。

2022/10/14

リュウジ

さぁ第8巻。ついにロシアが日本領土に侵攻。やり方も姑息。国際社会からの非難も国際法も完全無視の構え。まるっきり現実世界のウクライナ侵攻と同様だ。そのむちゃくちゃなロシアのやり口に日本は法を犯さず対抗。頼もしいのは自衛官たちだけではない。冷静沈着に即断、ロシアに果敢に立ち向かい、毅然とした態度でロシアと世界に日本の思いの丈を訴えるのは、柳沢律子首相。ページを繰るたびそんな彼女の一言一言に心を震わせる。同時に今の日本がなにひとつ決められない、行動も指示も亀より遅い検討士が首相であることが不安にさせる。

2022/09/30

かりんけい

ウクライナでの行動を見ると、実物のロシア軍には本作で描かれている程には統率力が無いのでは?と思えますが、宗谷海峡が戦場となるシーンには涙が出そうになりました。

2022/10/15

ディープなつまみぐい

自衛隊分屯地を制圧したロシア。それに対し日本政府は「防衛出動」を発令し自国防衛で対抗。 こういった危機に対しては首相の決断力がものを言うと感じた。

2022/10/12

感想・レビューをもっと見る