読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

明るい夜に出かけて (新潮文庫)

明るい夜に出かけて (新潮文庫)

明るい夜に出かけて (新潮文庫)

作家
佐藤多佳子
出版社
新潮社
発売日
2019-04-26
ISBN
9784101237367
amazonで購入する Kindle版を購入する

「明るい夜に出かけて (新潮文庫)」の関連記事

書店員・花田菜々子さんが選ぶ「出会いがないという悩みに効く本」

 本の世界には、あなたの今の悩みを軽くしてくれたり、生き方のヒントになる作品が数多くあります。今回は、「HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE」の店長で、著書に『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』がある花田菜々子さんに、出会いがないと悩んでいる人におすすめの本を紹介していただきました。

お悩み:出会いがない、出会いがほしい。

■選書したのは…

花田菜々子 はなだななこ 1979年東京都生まれ。「ヴィレッジヴァンガード」に勤めたのち、「二子玉川 蔦屋家電」ブックコンシェルジュ、「パン屋の本屋」店長を経て、現在は「HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE」店長。著書『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』は大ヒットに!

■処方した書籍は?

 元カノとのある事件をきっかけに、学校にも行けなくなり、心を閉ざしたままコンビニの深夜バイトに明け暮れる主人公。だが、バイトの先輩がネット動画の「歌い手」をやっていることを知ったり、真夜中に突然現れた女…

2019/11/9

全文を読む

関連記事をもっと見る

明るい夜に出かけて (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

へくとぱすかる

深夜ラジオを舞台のホリゾントのように据えて、コンビニのアルバイトの日常生活を描きながら、そこに年齢の近い者どうしがつながっていくありさまを重ねていく。正直に言うと、パーソナリティを知らなかったので、小説の設定上の存在だと思っていて大変驚きました。夜にラジオを聞かなくなって長いもので……。鹿沢くんが予想よりも大きな存在。いい友人です。佐古田とは恋愛まで行かないのが、ありがちな話を回避していて、物語をリアルにしていて良い。過去の修復と同時に今を過ごし新しく生きる術を見つけていく。紹介どおりの暖かな世界でした。

2020/05/30

新手田 円花@芸術をも超越する現実☆彡

珠玉の名作でした。佐藤さんに感謝の気持ちで一杯です。ラジオドラマは聞き逃したけれど、物語にはどっぷり浸かれました。自分も中学時代にANNにはまってた時代がありました。当時は局アナが全盛期で亀淵昭信さんがワタシのアルピーですが(笑)。主にトミーとだいちゃ、サコッティ、なかがーが主要メンバーながら、この世界が想像を超えて入り込めてそこはかとなく幸せな時間でしたよ。ですから、佐藤センセには感謝しかありません。ノスタルジーな作品に巡り合えて心の底からありがとうと云いたい気持ちと思います!映像化も期待して希望。

2020/01/17

ゴルフ72

昔々の高校生時代に深夜放送をバックに試験勉強と銘打って聞いていた記憶、電波の悪い中ひたすらチューニングしながらの時間が楽しかった。時代が変わり、この小説の中で新しい時代なんだなあとつくずくうなずく自分がいた。 追記:佐古田ちゃんが可愛いですね。

2019/05/11

エドワード

まずは同い年である佐藤多佳子さんの若者言葉の完璧さに脱帽。ここまで書くとこれは全世代に届くね。深夜のコンビニで働く富山を中心に、先輩バイトの鹿沢、同級生の永川、毎日現れる女子高生・佐古田。みな悩みを抱えていて、孤独だ。佐古田のキャラのつきぬけ感がすごい。実在の深夜ラジオとツィッターを駆使してコミュニケーションしながら、かえって孤独感が増す様がリアルだ。ラジオネームという別人格の使い方が上手い。鹿沢の音楽、佐古田の演劇、四人の共感、ラジオ番組の行く末とも相まって幸福な終幕。「明るい夜に出かけて」いい題だ。

2019/05/04

のいじぃ

読了。深夜のラジオが繋ぐ人の縁と挫折からの一歩。とは言え実際はアルコ&ピースのANNへの情熱を著者が若者を通して綴っている物語。そのためラジオの紹介は饒舌なのにこちら側の物語は中途半端というかバラバラな印象。何より彼視点の文章に共感が持てず、そんな中で見知らぬ土地を延々と語られても目が滑り、彼女の登場で少し面白くなったかと思えばサブカル持ち込みの彼持ち上げ、実は凄いハガキ職人でした、果てはYouTuberの脚本家のような才能をチラつかせ日常に戻っていく、とまるでラジオの無茶苦茶さを表現しているような一冊。

2019/11/11

感想・レビューをもっと見る