読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

転迷 隠蔽捜査4 (新潮文庫)

転迷 隠蔽捜査4 (新潮文庫)

転迷 隠蔽捜査4 (新潮文庫)

作家
今野敏
出版社
新潮社
発売日
2014-04-28
ISBN
9784101321592
amazonで購入する Kindle版を購入する

転迷 隠蔽捜査4 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ehirano1

ミスター原則の竜崎の人間味がさらに増した作品でした。当方も実生活において局面に立った時、竜崎だったらどうするかな?と思うようにまでなってしまいました。

2018/01/08

しんたろー

シリーズ4作目は、放火・ひき逃げ・娘の恋人の飛行機事故疑惑などが同時に起こって、公私に多忙な竜崎の数日の話…今まで同様の警察内部の綱引きもありながら、厚労省・外務省も絡んできて各々の思惑が煩雑さを増長するが、原理原則を基本姿勢として裁いてゆく竜崎が頼もしい。現実では「単なる理想」と鼻で笑われそうな正義を貫き通す姿が「カッコいい!」と思え、チョッと感動さえ覚えた。また、周囲のレギュラー陣が竜崎の影響を受けて少しは良い方向に成長していくし、竜崎自身も人間らしくなっているのも面白い。先々も楽しみなシリーズだ🎶

2018/11/09

yoshida

並行する3つの事件。放火、ひき逃げ、殺人。3つの事件に加え娘の恋人の消息を竜崎は追う。展開される竜崎の正論に溜飲が下がる。社会で、組織で生きる我々には係わる人々の面子や折衝、根回しに苦労している。実際この私がそうである。竜崎は衝突も恐れず正論で立ち向かう。その根底には国家公務員として国の為に働くと言うブレない芯があるからだと思う。勿論、優秀さもある。組織で悩む私もとても参考になった。まずは自分の置かれたポジションで全力を尽くす。組織論として、仕事論として、そして警察小説として、とても楽しめるシリーズです。

2020/03/29

🅼🆈½ ユニス™

このシリーズは全部面白い。溢れ出る博識多様な台詞に拍手を送りたい。起承転結はいつものようにワンパターンだが、それでもハズレナシに面白い。決して原理原則を譲ろうとしない竜崎の姿勢に感銘を受ける。権力を握る為だけに世論を煽り、扇動する集団に竜崎のアイデンティティを伝えたい。兎にも角にも安定感あって安心して読める息抜きに最高のシリーズと言える作品でしょう。👍🏻

2018/12/30

17

隠蔽捜査シリーズ第4作。近隣署管内での外務省職員殺害。大森署管内でのひき逃げ、放火、麻薬取締りの捜査。娘の恋人が搭乗した可能性のある航空機のカザフスタンでの墜落事故。全てが竜崎の肩にのしかかる。警察内だけでなく、麻薬取締官・矢島、外務省キャリア・内山との原理原則・正論全開のやり取り。いつの間にか周りも竜崎のペースに巻き込まれ事件解決に向かっていくのが心地よい。

2014/05/04

感想・レビューをもっと見る