読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

鎖(下) (新潮文庫)

鎖(下) (新潮文庫)

鎖(下) (新潮文庫)

作家
乃南アサ
出版社
新潮社
発売日
2003-11-28
ISBN
9784101425320
amazonで購入する Kindle版を購入する

鎖(下) (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

修一郎

前半と打って変わって、イタイイタイ監禁状態,拘束されている間,「自分がこうなったのは犯人のせいだ相棒のせいだ自分が隙を見せたせいだ組織がだらしないせいだ」とあーだこーだ音道さんがくよくよする姿はホント普通の人間だ。加恵子さんの生い立ちに同情して仲間意識を持つに至るまでの心の動きの描き様もまた丁寧,仲間の救出に執念を燃やす滝沢たちの心意気にも感動した。スーパーレディじゃない音道貴子にすっかり魅了されてしまった。最高だ。これだけ感情移入できる作品はそうあるもんじゃない。

2016/08/09

yoshida

犯人グループに監禁される音道。手錠と鎖で拘束される音道に暴力が。殺人犯堤の情婦である加恵子が語る壮絶な生い立ち。更に加恵子への堤の暴力の酷さ。少しずつ心を通わせる音道と加恵子。潜伏先を見つけ出した警察。折れそうな音道の心を滝沢が叱咤。加恵子の助けもあり音道は救出。犯人グループは逮捕される。下巻を通しての緊張感。思わず一気に読ませる。加恵子との約束を守る音道の姿が素晴らしい。音道が監禁される原因を作った星野の変わらぬ無恥厚顔さに驚く。だが、星野に対する晃一の行動に胸がすく。音道も何とか再起して欲しい。力作。

2020/07/19

タックン

事件解決の巻。上巻ではスリリングな展開だったけど下巻は拉致されているところから最後まで一向に話が進まず少しイライラした。ただ題名の(鎖)の意味するところの秀逸さに舌を巻いてしまった。滝澤の奮闘ぶりが目立った。あれだけの事件を起こし恐怖を与えた犯人たちの最後のダメっぷりやあっけなさには拍子抜けしちゃったなあ・・・・。

2014/08/30

ehirano1

下巻は、「中田加恵子(庄司直子)」の物語、これはどうしようもないくらい悲しすぎますね。疾走(重松清)や手紙(東野圭吾)を思い出しました。ヒトは如何なる形であれ”救われる”と、と実感させられます。後はその受け止め方とそしてそれをどうするか?なんでしょうね。 因みに、タイトルの”鎖”についての解説(川本三郎)は秀逸だと思いました。

2016/03/19

Satomi

壊れそうになりながら職務を全うする貴子。彼女を心配し、励まし何とか救出しようとする滝沢。救出シーンは胸を打たれる。拉致され7日間鎖につながれた貴子。犯人のひとり中田加恵子の人生もまた鎖に繋がれたものだった…。病院を抜け出し犯人との約束を果たすために奔走するラストには泣かされる。前作「凍える牙」での疾走感があってこそのこの作品だと思う。「凍える牙」→「鎖」の順番でセットで読んで欲しい。オススメです!!

2017/05/14

感想・レビューをもっと見る