読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おおあたり しゃばけシリーズ 15 (新潮文庫)

おおあたり しゃばけシリーズ 15 (新潮文庫)

おおあたり しゃばけシリーズ 15 (新潮文庫)

作家
畠中恵
出版社
新潮社
発売日
2018-11-28
ISBN
9784101461366
amazonで購入する Kindle版を購入する

おおあたり しゃばけシリーズ 15 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

sin

おおあたり-責められるべきは惚れたの押しに心変わりの娘心か?その許嫁より菓子を選んだ男のワガママか?長崎屋の怪談-上出来、怪談ミステリー。はてはて-貧乏神の心持ちにほっこり。あいしょう-目的は同じ…。暁を覚えず-箸休めのような物語。毎回のテーマ連作で今回は“おおあたり”自分なら何を当てたいだろうか?貧乏神の手に入れたものが一番(^_^)v

2018/12/06

青蓮

しゃばけシリーズ第15弾。良い意味でも悪い意味でも「おおあたり」をひいてしまった者達のエピソード集。読後感のほっこりは変わらず。仁吉と佐助の出会いを描いた「あいしょう」が一番好きです。

2019/01/02

アクビちゃん

【図書館】しゃばけシリーズ第15弾!! 色々な「おおあたり」のお話し。おおあたり~と聞くと、良いことばかり思いつくけど、そんな事ばかりではなく… 栄吉の作ったお菓子、辛あられがおおあたりするけるども、許嫁とは結ばれないし… 畠中さん、可哀想になってきたので、そろそろ美味しい餡を作れるようにしてあげてください!!(笑) 五歳の一太郎を守りにきた頃の仁吉と佐助の「あいしょう」話しは面白かった♪ 

2019/05/15

けやき

シリーズ15弾。「おおあたり」、「長崎屋の怪談」、「はてはて」、「あいしょう」、「暁を覚えず」。栄吉の活躍が嬉しい。ヒット商品を考えだすも、相変わらずの饅頭は妖達にロシアンルーレットのように使われてしまうというw仁吉と佐助が長崎屋に初めて奉公した日を描いた「あいしょう」も面白かった。

2020/04/20

一華

「おおあたり」って、よい意味だけじゃないのね…一太郎は、憧れの初仕事ができて、よかったけど…栄吉は「辛あられ」のヒットは喜ばしいことだったけどね〜その引き換えに?そんな〜と、思ってしまった…毎回、思うことだけど、もう少しだけでいいから、一太郎を丈夫にしてあげてほしいかな。

2019/04/09

感想・レビューをもっと見る