読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

畠中恵

畠中恵 写真:高橋しのの
職業・肩書き
作家
ふりがな
はたけなか・めぐみ

プロフィール

最終更新 : 2019-11-20

1959年、高知県生まれ。2001年、『しゃばけ』で第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、小説家デビュー。同作は新しい妖怪時代小説として絶大な支持を受け、人気シリーズに。16年、同シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。他の著作に『つくもがみ貸します』『ゆめつげ』『まんまこと』『こころげそう』『まことの華姫』などがある。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

2001年
『しゃばけ』第13回日本ファンタジーノベル大賞 優秀賞
2016年
『しゃばけ』シリーズ第1回吉川英治文庫賞

「畠中恵」のおすすめ記事・レビュー

跡取り問題に揺れる盛り場・お江戸両国。姫様人形と人形遣いが、その陰謀に挑む!『あしたの華姫』畠中恵インタビュー

跡取り問題に揺れる盛り場・お江戸両国。姫様人形と人形遣いが、その陰謀に挑む!『あしたの華姫』畠中恵インタビュー

 「月草が無事にヘタレを続けられて、ようございました(笑)」 そんな畠中さんの小気味良い口上と共に、人形遣い・月草と、愛想は良いが滅法口の悪い姫様人形・お華の名コンビが帰ってきた!

畠中恵 はたけなか・めぐみ●1959年、高知県生まれ。2001年、『しゃばけ』で、第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、小説家デビュー。同シリーズで第1回吉川英治文庫賞受賞。著作に「まんまこと」シリーズ、「つくもがみ」シリーズ、『まことの華姫』『こころげそう』『うずら大名』『わが殿』『猫君』など著書多数。  

「と言っても、お華の言葉は月草が喋っているから、そんなにヘタレじゃないとは思うんですけどねぇ」

 気弱で影の薄い月草は、江戸一番の盛り場・両国の見世物小屋で、木偶の姫様人形・お華を相方に話芸を繰り広げ、おおいに客を楽しませている。だが客の目当てはお華に会いにくること。真実を語ると言われた〝真の井戸〟の不思議な水から出来た目を持つお華は、〝まことを語る〟と噂されているからだ。やむにやまれぬ思いを抱えた人々がその語りに耳を澄ませた『まことの華姫』…

全文を読む

付喪神、武家をめぐる騒動で大奮闘!江戸ファンタジー第3弾『つくもがみ笑います』畠中恵インタビュー

付喪神、武家をめぐる騒動で大奮闘!江戸ファンタジー第3弾『つくもがみ笑います』畠中恵インタビュー

 古い器物に魂が宿り、妖と化した「付喪神」。長年大事に使われてきた古道具が妖怪になり、もしも我が家に現われたら……? 畠中恵さんの「つくもがみ」シリーズは、そんな心躍る夢を見せてくれるお江戸ファンタジー。深川の古道具屋兼損料屋「出雲屋」を舞台に、人と付喪神が時に怪異に挑み、時に冒険を繰り広げる人気シリーズだ。

畠中 恵 はたけなか・めぐみ●高知県生まれ。2001年『しゃばけ』で第13回ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、小説家デビュー。「しゃばけ」シリーズは、新しい妖怪時代小説として読者の絶大な支持を得ている。『ゆめつげ』『まんまこと』『こころげそう』『まことの華姫』など著作多数。    妖と言っても、出雲屋の付喪神たちは人に祟るわけではない。気位は高いが、おやつに目がない食いしん坊。おまけに噂話が大好きで、おせっかいとくる。なんとも愛すべき妖だ。 「もしも付喪神がいたら、そばに行ってみたいなと思ったんです。そう簡単に近づくことはできないけれど、できることなら近くに行ってみたい。もし貸してもらえるなら私も借りてみたいと思ったのが、この…

全文を読む

注目の新刊 『明治・妖(あやかし)モダン』 ダ・ヴィンチ2013年10月号

注目の新刊 『明治・妖(あやかし)モダン』 ダ・ヴィンチ2013年10月号

煉瓦街が広がりアーク灯が闇を照らす銀座に、ひっそり佇む巡査派出所。そこに勤務する原田と滝は、かまいたちに襲われた者や、瞬く間に成長を遂げる女の子の世話など、奇妙な対応に追われてばかり。それは、この世のものとは思えず……。摩訶不思議な妖怪ファンタジー。

全文を読む

注目の新刊 『ときぐすり』 ダ・ヴィンチ2013年8月号

注目の新刊 『ときぐすり』 ダ・ヴィンチ2013年8月号

町中の揉め事を裁定する神田町名主の跡取り息子、高橋麻之助。妻のお寿ずに先立たれ、傷心と放心の日々を過ごすが、相談事は後を絶たない。怪しい眠り薬、町内の大店同士の諍い、江戸に逃げ込んだ賊の行方——。江戸人情を堪能できる「まんまこと」シリーズ第4弾。

全文を読む

注目の新刊 『さくら聖・咲く 佐倉聖の事件簿2』 ダ・ヴィンチ2012年11月号

注目の新刊 『さくら聖・咲く 佐倉聖の事件簿2』 ダ・ヴィンチ2012年11月号

中学生の弟を養うため、元大物政治家・大堂の事務所で事務員として働く大学生の聖は、就活真っただ中。卒業後は政治などといういかがわしいものと縁を切り、サラリーマンになるべく励む聖のもとに、エントリーしていない5社から「内定」通知が舞い込んで……。

全文を読む

注目の新刊 『ひなこまち』 ダ・ヴィンチ2012年9月号

注目の新刊 『ひなこまち』 ダ・ヴィンチ2012年9月号

大人気『しゃばけ』シリーズ第11弾。「お願いです、助けて下さい」と書かれた木札を体は弱いが知恵のある長崎屋の若だんなが見つけ何とかしようとする「ろくでなしの船箪笥」など表題作を含む全5編を収録。妖たちは今回も大活躍、可笑しさに弾みがついている。

全文を読む

注目の新刊『こいわすれ』ダ・ヴィンチ2011年12月号

注目の新刊『こいわすれ』ダ・ヴィンチ2011年12月号

江戸・神田町名主の跡取り息子・高橋麻之助が、町名主の色男・清十郎、同心見習いの堅物・吉五郎という二人の親友とともに、町の揉め事や謎を絶妙にさばく、江戸情緒あふれる「まんまこと」シリーズ。今回は、お気楽な麻之助が、とうとう人の親に!? 新展開の最新作。

全文を読む

「畠中恵」のおすすめ記事をもっと見る

「畠中恵」のレビュー・書評をもっと見る

「畠中恵」の本・小説

むすびつき (新潮文庫)

むすびつき (新潮文庫)

作家
畠中恵
出版社
新潮社
発売日
2020-11-30
ISBN
9784101461380
作品情報を見る
商売繁盛 時代小説アンソロジー (角川文庫)

商売繁盛 時代小説アンソロジー (角川文庫)

作家
朝井まかて
梶よう子
西條奈加
畠中恵
宮部みゆき
末國善己
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-11-21
ISBN
9784041096680
作品情報を見る
わが殿 上

わが殿 上

作家
畠中恵
出版社
文藝春秋
発売日
2019-11-27
ISBN
9784163911281
作品情報を見る
てんげんつう

てんげんつう

作家
畠中恵
出版社
新潮社
発売日
2019-07-18
ISBN
9784104507269
作品情報を見る
むすびつき しゃばけシリーズ 17

むすびつき しゃばけシリーズ 17

作家
畠中恵
出版社
新潮社
発売日
2018-07-20
ISBN
9784104507252
作品情報を見る
とるとだす (新潮文庫)

とるとだす (新潮文庫)

作家
畠中恵
出版社
新潮社
発売日
2019-11-28
ISBN
9784101461373
作品情報を見る
明治・金色キタン

明治・金色キタン

作家
畠中恵
出版社
朝日新聞出版
発売日
2015-11-06
ISBN
9784022513274
作品情報を見る
恋のかたち、愛のいろ (徳間文庫)

恋のかたち、愛のいろ (徳間文庫)

作家
唯川恵
小手鞠るい
畠中恵
原田マハ
ヴァシィ 章絵
朝倉かすみ
角田光代
出版社
徳間書店
発売日
2010-10-01
ISBN
9784198932473
作品情報を見る

「畠中恵」人気の作品ランキングをもっと見る

「畠中恵」の関連画像・写真

「畠中恵」の関連画像・写真をもっと見る