読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

てんげんつう【しゃばけシリーズ第18弾】 (新潮文庫)

てんげんつう【しゃばけシリーズ第18弾】 (新潮文庫)

てんげんつう【しゃばけシリーズ第18弾】 (新潮文庫)

作家
畠中恵
出版社
新潮社
発売日
2021-06-24
ISBN
9784101461397
amazonで購入する Kindle版を購入する

てんげんつう【しゃばけシリーズ第18弾】 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

sin

てんぐさらい・医は仁術と云えどタダ働きは自己満足、施す奢りが娘の倫理観を狂わすか?たたりづき・恩返しが家内の反発を呼び、結句家業を捨て恩に寄り添う潔さ。恋の闇・札差しは無理を通して道理を弁えぬ、とんだロミオとジュリエット。てんげんつう・先を見通すならぬ迷惑を撒き散らす身勝手な疫病神、騒がすだけ騒がせてフェードアウト。くりかえし・常世神とは言い逃れ、信心ならぬ嘘を誤魔化す人の欲。今回は理不尽な登場人物がてんこ盛りだが、あやかしの理不尽と違って人のそれは欲が絡んで見苦しい。

2021/09/04

hirune

てんげんつう(千里眼)の男や大量の毛虫を若だんなたちに浴びせる職人たち等々、自分勝手で無茶を押し付ける輩に対してもポカリとゲンコを喰らわしはしても決して取り殺したりしない、若だんなを始め仁吉や佐助の兄やたちも優しいな😄輩の後の身の振り方まで考えてくれるし。。ホント優しい妖たちだ。江戸時代では仲人は職業として成り立ってたんでしょうか?今の結婚相談所みたいなものか?面白いですね。

2021/09/07

山猫

本日フラゲ、文庫への買い替え&再読。読んでいくと「染井吉野」のことなのだなと見当が付く。常世神様なんかより、人の欲や嫉妬の方がよほど恐ろしい。解説、他の人いなかったんだろうか?ちょっと残念。

2021/06/26

青蓮

20周年。早いな。おぎんさんが仁吉を振り回していて(笑)千年経っても変わらないなら永遠に変わらないかな(笑)「くりかえし」はひやりとした。始終巻き込まれていた於りんちゃんが哀れ。 解説にもあったが、今作は今までのと比べより現在に近い内容だった。

2021/10/23

葵@晴読雨読

若だんながだんだん大人っぽくなっていくと感じた第18巻。おりんちゃんかわいいなぁ。19巻も楽しみです☆彡

2021/07/11

感想・レビューをもっと見る