読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

紫ノ宮沙霧のビブリオセラピー 夢音堂書店と秘密の本棚 (新潮文庫)

紫ノ宮沙霧のビブリオセラピー 夢音堂書店と秘密の本棚 (新潮文庫)

紫ノ宮沙霧のビブリオセラピー 夢音堂書店と秘密の本棚 (新潮文庫)

作家
坂上秋成
出版社
新潮社
発売日
2021-05-28
ISBN
9784101802190
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

紫ノ宮沙霧のビブリオセラピー 夢音堂書店と秘密の本棚 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっち

山の上にある夢音堂書店。不釣り合いなドレスに身を包む美貌の店主・紫ノ宮沙霧が、抱えた切実な痛みを抱えて訪れる人たちに本を差し出して魔法を掛けてゆくビブリオセラピー物語。充実しているはずの日常になぜか飽き飽きしていた高校生、プロット止まりでなかなか書けない小説家、大好きな先輩との恋に夢中の幸せそうな少女。訪れる人たちの話の中で秘めた苦悩を見抜いて、渡した本で夢を見せる魔法で乗り越える手助けをする真摯な沙霧の姿勢、真実が明らかになってガラリと構図が変わる展開は良かったですね。しかし沙霧さんは一体何者なのか…。

2021/06/27

でら

昨日発売の超新書。「ビブリオセラピー」という単語に惹かれて読んでみましたが、それぞれの登場人物が心の奥底に秘めている悩みを、夢音堂という本屋の美女店主が本を介して解消してくれるという物語です。 自分の知っている本が紹介されたときは嬉しかったし、逆に知らない本も沢山あったので、読んでみよう!と思えました。 300ページほどで読みやすいので、個人的に結構おすすめの一冊かも。

2021/05/29

ゼニガメ

古今東西の本を扱う夢音堂、店主は謎めいた美女沙霧さん。魔法仕掛けの本で人々の悩みを解決する短編集。沙霧さんの口調が表紙のイメージと違いすぎて、なれるまで違和感だった。胡蝶カナエみたいなイメージだったから。本がみせる夢のせいで、少しずつ相談者の意識が変わり、沙霧さんの指摘により抱え込んだ悩みが吹き出す様は、私までドキっとした。残念なのはセラピーに使われた本が実在しないこと。『朝日を呑み込む月のように』読みたかった。

2021/07/01

MAMI.

★★☆☆☆

2021/08/02

椎名

本好き×ライトミステリといつからかこの組み合わせは鉄板になった気がするな。古い洋館めいた本屋、夢音堂。書店員とは思えないドレスに身を包んだ、いわく本に魔法をかけられると言う美貌の女性。少しばかりの不思議要素も有りの作品で、そこが個人的には惜しかった要素でもあった。様々な小説を題材にした作品かと思っていただけに、各章でメインに据えられる本が実際に存在する本でなかったことは残念。ひとつひとつのストーリーは良かった。

2021/06/06

感想・レビューをもっと見る