読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ジゴロとジゴレット: モーム傑作選 (新潮文庫)

ジゴロとジゴレット: モーム傑作選 (新潮文庫)

ジゴロとジゴレット: モーム傑作選 (新潮文庫)

作家
サマセット・モーム
William Somerset Maugham
金原瑞人
出版社
新潮社
発売日
2015-08-28
ISBN
9784102130285
amazonで購入する

ジゴロとジゴレット: モーム傑作選 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

マエダ

モームと金原瑞人さんの組合せは本当に面白い。短編集であり自分の好みは「アンティーブの太った女」と「征服されざる者」の二つである。

2016/06/27

のり

8作の短編。モームの傑作選と名打っているだけに全てが良作だった。あらゆる心理を色々な角度から光を当てたり、奥底の闇を炙り出したり、人間の業をまざまざと突きつけられた。激動のヨーロッパでモーム自身も苦難続きだったと思う。その中での才気溢れる視点に感服です。特に「征服されざる者」の意地と狂気、「サナトリウム」の時と命の重さが良かった。(^o^)

2017/07/23

はたっぴ

とても読みやすく読後感の良い短編集。それぞれの物語がありきたりではなく『月と六ペンス』のように個性的で、読み終わった後もパラパラと読み返してしまう。面白かったのは女性が主役の『アンティーブの三人の太った女』と『ジェイン』だ。男性目線の鋭い観察力と豊かな表現力で、痛いところを突いてくるなという感じ。読んでいて口元が緩みっぱなしだった。唯一、救いがなかったのは戦争の犠牲となった『征服されざる者』だ。モームの戦争への厳しい眼差しを感じながら読み耽った。読書好きにはたまらない〝楽しみ〟が詰まった一冊といえる。

2017/09/13

月六

モームの観察眼が光る短編集。気まぐれを含んだ登場人物らの意思に、リアリティが感じられる。人間とは不思議なもので、それを型にはめることなくそのまま作中で表現している。随所でチクリと刺してくるようなユーモアが散りばめられているのも、面白い。滑稽で、真剣で、優しい。現実より、真実味のある物語が揃っている。

2015/11/09

巨峰

モームの短編集を読むのは、光文社古典新訳文庫に続いて2度目。かぶっているものもあったけど、新しい気持ちで新鮮に読めた。傑作選だけあってどれも素晴らしい内容だと思いました。

2017/01/27

感想・レビューをもっと見る